ASSERT

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2013-09-26
Index JM Home Page roff page
 

名前

assert - 診断が偽の時にプログラムを中止する  

書式

#include <assert.h>

void assert(scalar expression);
 

説明

<assert.h> が最後にインクルードされた時点で、 NDEBUG マクロが定義されていた場合、 assert() マクロは何のコードも生成せず、従って全く何もしない。 さもなければ、 assert(3) マクロは expression が偽の時(すなわち、比較の結果が0と等しい時)に 標準エラー出力にエラーメッセージを表示し、さらに abort() を呼び出すことによって、プログラムを終了させる。

このマクロの目的は、プログラマーがプログラムのバグを発見する手助けをすることである。"assertion failed in file foo.c, function do_bar(), line 1287" というメッセージはユーザーには何の助けにもならない。  

返り値

値は返されない。  

準拠

POSIX.1-2001, C89, C99. C89 では expressionint 型であることが必要とされ、そうでない場合の動作は未定義とされていた。 しかし C99 ではどのようなスカラ値でもよいことになった。  

バグ

assert() は、マクロとして実装されている。すなわち、 試されている式が副作用を持っている場合には、 マクロ NDEBUG が定義されているかどうかに依存して、プログラムの振舞いは異なるだろう。 これによって、バグ出しするときには消えてしまう ハイゼンバグ(Heisenbugs)を生み出すだろう。  

関連項目

abort(3), assert_perror(3), exit(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
準拠
バグ
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:21 GMT, March 14, 2017