A64L

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-05-28
Index JM Home Page roff page
 

名前

a64l, l64a - long と base-64 を変換する  

書式

#include <stdlib.h>

long a64l(const char *str64);

char *l64a(long value);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

a64l(), l64a():

_SVID_SOURCE || _XOPEN_SOURCE >= 500 || _XOPEN_SOURCE && _XOPEN_SOURCE_EXTENDED
 

説明

これらの関数は 32 ビット long 整数と リトルエンディアン base-64 ASCII 文字列 (長さ 0 〜 6) の間の変換を行う。 a64l() の引き数の文字列が 7 文字以上の場合、 最初の 6 バイトが使われる。 long 型が 32 ビットより大きい場合、 l64a() は value の下位 32 ビットのみを使い、 a64l() は 32 ビットの結果を符号拡張 (sign-extend) する。

base-64 システムで使われる 64 個の文字は以下の通りである:


'.'     は 0 を表す。
'/'     は 1 を表す。
0-9     は 2-11 を表す。
A-Z     は 12-37 を表す。
a-z     は 38-63 を表す。

よって 123 = 59*64^0 + 1*64^1 = "v/" である。  

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

l64a() 関数はスレッドセーフではない。

a64l() 関数はスレッドセーフである。  

準拠

POSIX.1-2001.  

注意

l64a() で返される値は静的バッファーへのポインターかもしれないので、 以降の呼び出しで上書きされる可能性がある。

value が負の場合、 l64a() の動作は定義されていない。 value が 0 の場合は空文字列を返す。

これらの関数は glibc 2.2.5 以前では間違っている (最上位デジットを最初にしている)。

これは uuencode(1) で使われるエンコーディングではない。  

関連項目

uuencode(1), strtoul(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:21 GMT, March 14, 2017