DES_CRYPT

Section: Linux Programmer's Manual (3)
Updated: 2014-08-19
Index JM Home Page roff page
 

名前

des_crypt, ecb_crypt, cbc_crypt, des_setparity, DES_FAILED - 高速な DES 暗号化  

書式

#include <rpc/des_crypt.h>

int ecb_crypt(char *key, char *data, unsigned datalen,
              unsigned mode);

int cbc_crypt(char *key, char *data, unsigned datalen,
              unsigned mode, char *ivec);

void des_setparity(char *key);

int DES_FAILED(int status);
 

説明

ecb_crypt() と cbc_crypt() は NBS DES (Data Encryption Standard, データ暗号化規格) を実装している。 これらのルーチンは crypt(3) よりも高速でより一般的な目的に使用できる。 利用可能であれば、これらのルーチンは DES ハードウェアを使用することもできる。 ecb_crypt() は ECB (Electronic Code Book) モードで暗号化する。 このモードでは (個々の) データのブロックを独立して暗号化する cbc_crypt() は CBC (Cipher Block Chaining) モードで暗号化する。 このモードでは連続するブロックを互いに連鎖させて暗号化する。 CBC はブロックの挿入・削除・置き換えから保護する。 また平文の規則性が暗号文に現れない。

これらのルーチンの使用法を示す。 第 1 引き数 key はパリティ付きの 8 バイトの暗号化鍵である。 鍵のパリティを設定するには des_setparity() を使うこと。 DES の場合、鍵のパリティは各バイトの最下位ビットである。 第 2 引き数 data は暗号化または復号化されるデータを含む。 第 3 引き数 datalendata のバイト長であり、8 の倍数でなければならない。 第 4 引き数 mode はいくつかの値を OR することで作成する。 暗号化の方向 (訳註: 暗号化なのか復号化なのか) を指定するため、 DES_ENCRYPT または DES_DECRYPT を OR する。 暗号化をソフトウェアで行うかハードウェアで行うかを指定するため、 DES_HW または DES_SW を OR する。 DES_HW が指定されていて、かつハードウェアがない場合、 暗号化はソフトウェアで実行されて、ルーチンは DESERR_NOHWDEVICE を返す。 cbc_crypt() において、引き数 ivec はデータブロックを連鎖させる際の 8 バイトの初期化ベクトルである。 この引き数はルーチンから戻るときに次の初期化ベクトルに更新される。  

返り値

DESERR_NONE
エラーなし。
DESERR_NOHWDEVICE
暗号化は成功したが、要求されたハードウェアの代わりにソフトウェアで実行された。
DESERR_HWERROR
ハードウェアまたはドライバでエラーが発生した。
DESERR_BADPARAM
ルーチンへの引き数が不正である。

結果の状態 stat を与えたとき、マクロ DES_FAILED(stat) が false になるのは、最初の 2 つだけである。  

バージョン

これらの関数は glibc 2.1 以降に存在する。  

属性

 

マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)

関数 ecb_crypt(), cbc_crypt(), des_setparity() はスレッドセーフである。  

準拠

4.3BSD. POSIX.1-2001 にはない。  

関連項目

des(1), crypt(3), xcrypt(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
バージョン
属性
マルチスレッディング (pthreads(7) 参照)
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:22 GMT, March 14, 2018