VHANGUP

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2007-07-26
Index JM Home Page roff page
 

名前

vhangup - 現在の端末を仮想的に (virtualy) ハングアップ (hangup) させる  

書式

#include <unistd.h>

int vhangup(void);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

vhangup(): _BSD_SOURCE || (_XOPEN_SOURCE && _XOPEN_SOURCE < 500)  

説明

vhangup() は現在の端末 (terminal) でハングアップをシミュレートする。このコールは他のユーザーがログインした時に綺麗 (clean) な端末を得ることができるよう手配する。  

返り値

成功した場合は 0 が返される。エラーの場合は -1 が返され、 errno が適切に設定される。  

エラー

EPERM
呼び出し元プロセスに vhangup() を呼び出すための十分な特権がない。 CAP_SYS_TTY_CONFIG ケーパビリティ (capability) が必要である。
 

準拠

このコールは Linux 特有であり、移植を意図したプログラムで 使用してはいけない。  

関連項目

capabilities(7), init(1)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:28 GMT, March 14, 2018