TIMER_DELETE

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2009-02-20
Index JM Home Page roff page
 

名前

timer_delete - プロセス単位の POSIX タイマーを削除する  

書式

#include <time.h>

int timer_delete(timer_t timerid);

-lrt でリンクする。

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

timer_delete(): _POSIX_C_SOURCE >= 199309L  

説明

timer_delete() は timerid で指定された ID のタイマーを削除する。 timer_delete() が呼び出された時点でタイマーが開始されている場合は、 削除する前にタイマーの解除が行われる。 削除されるタイマーにより生成された処理待ちシグナルの扱いは不定 (unspecified) である。  

返り値

成功すると、 timer_delete() は 0 を返す。 失敗すると、 -1 が返り、 errno にエラーを示す値が設定される。  

エラー

EINVAL
timerid が有効なタイマー ID ではない。
 

バージョン

このシステムコールは Linux 2.6 以降で利用できる。  

準拠

POSIX.1-2001.  

関連項目

clock_gettime(2), timer_create(2), timer_getoverrun(2), timer_settime(2), time(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部である。 プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:27 GMT, March 14, 2018