SYSFS

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2010-06-27
Index JM Home Page roff page
 

名前

sysfs - ファイルシステム (file system) の情報を取得する  

書式

int sysfs(int option, const char *fsname);

int sysfs(int option, unsigned int fs_index, char *buf);

int sysfs(int option);  

説明

sysfs() は現在カーネル (kernel) に存在しているファイルシステムの型 (type) 情報を返す。 それぞれの sysfs() コールの形式と返される情報は option に依存しており、それは:
1
ファイルシステム識別文字列 (identifier string) fsname をファイルシステムの型インデックス (type index) に翻訳する。
2
ファイルシステムの型インデックス fs_index をヌル終端されたファイルシステム識別文字列に翻訳する。 この文字列は buf で指定されたバッファーへ書き込まれる。 buf に文字列を入れるだけの十分な容量があることを確かめること。
3
現在カーネルに存在するファイルシステム型の数の合計を返す。

ファイルシステムの型インデックスの数はゼロから始まる。  

返り値

成功した場合 sysfs() は、 オプション 1 では ファイルシステムのインデックスを返す。 オプション 2 ではゼロを返す。 オプション 3 は現在設定されているファイルシステムの数を返す。 エラーの場合は、-1 が返され、 errno が適切に設定される。  

エラー

EFAULT
fsnamebuf のどちらかがアクセス可能なアドレス空間の外にある。
EINVAL
fsname が正しいファイルシステムの型識別子ではない; fs_index が範囲の外にある; option が正しくない。
 

準拠

SVr4.  

注意

この System-V 由来のシステムコールは廃止予定 (obsolete) であり、 使用しないこと。 /proc が利用できるシステムでは、同じ情報が /proc/filesystems 経由で取得でき、このインターフェースを使用すること。  

バグ

libc または glibc のサポートは存在しない。 buf の大きさがどれだけ必要かを推測する方法がない。  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
注意
バグ
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:33 GMT, April 14, 2019