GETSOCKOPT

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2014-04-28
Index JM Home Page roff page
 

名前

getsockopt, setsockopt - ソケットのオプションの設定と取得を行なう  

書式

#include <sys/types.h>          /* 「注意」参照 */

#include <sys/socket.h> int getsockopt(int sockfd, int level, int optname, void *optval, socklen_t *optlen); int setsockopt(int sockfd, int level, int optname, const void *optval, socklen_t optlen);
 

説明

getsockopt() と setsockopt() は、ファイルディスクリプター socket で参照されるソケットに関連するオプションの操作を行う。 オプションは複数のプロトコル層(level)に存在するかもしれないが、 これらは常に最上位のソケット層へと設定される。

ソケットオプションを操作する際には、オプションの層 (level) と オプションの名前を指定しなければならない。 ソケット API 層でオプションを操作する為には、 levelSOL_SOCKET に指定する。 他の全ての層でオプションを操作する為には、与えられたオプションの 制御主体となるプロトコルのプロトコル番号を指定する。例えば、 オプションが TCP プロトコルで解釈されるべきことを指示するには、 levelTCP のプロトコル番号を指定しなければならない。 getprotoent(3) を参照すること。

optvaloptlen 引き数は setsockopt() のオプションの値にアクセスするために用いられる。 getsockopt() では要求したオプションの値を返すためのバッファーを指定する。 getsockopt() では optlen は値と結果両用の引き数で、最初に optval の指しているバッファーのサイズを与え、実際に返される値のサイズに 書き換えられる。もしオプション値を与えず、返されもしない場合には optval は NULL でも良い。

optname および指定されたオプションは解釈されずに、適切なプロトコルモジュールに 渡されて解釈される。インクルードファイル <sys/socket.h> には後述のソケット層のオプションの定義が含まれている。 他のプロトコル層では名前や形式は異なる。 マニュアルのセクション 4 の適切なエントリーを参照すること。

ほとんどのソケット層のオプションは optvalint 引き数を利用する。 setsockopt() で、二値(boolean)オプションを有効(enable)にするにはゼロ以外を指定し、 無効(disable)にするにはゼロを指定する。

利用可能なソケットオプションの説明に関しては、 socket(7) と適切なプロトコルの man ページを参照のこと。  

返り値

成功した場合にはゼロが返される。エラー時には -1 が返され、 errno が適切に設定される。  

エラー

EBADF
引き数 sockfd は有効なディスクリプターでない。
EFAULT
optval で指定されたアドレスがプロセスのアドレス空間の有効な部分ではない。 getsockopt() の場合、 optlen がプロセスのアドレス空間の有効な部分でない場合にもこのエラーが返される。
EINVAL
setsockopt() で option が不正である。 optval に無効な値が指定された場合にも、このエラーが発生する可能性がある (例えば、 ip(7) に説明がある IP_ADD_MEMBERSHIP オプションなど)。
ENOPROTOOPT
指定された層(level)にはこのオプションは存在しない。
ENOTSOCK
引き数 sockfd がソケットではなくファイルである。
 

準拠

SVr4, 4.4BSD (これらのシステムコールは 4.2BSD で最初に現れた), POSIX.1-2001.  

注意

POSIX.1-2001 では <sys/types.h> のインクルードは必須とされておらず、 Linux ではこのヘッダーファイルは必要ではない。 しかし、歴史的には、いくつかの実装 (BSD 系) でこのヘッダーファイルが 必要であり、移植性が必要なアプリケーションではこのファイルを インクルードするのが賢明であろう。

getsockopt() と setsockopt() の optlen 引き数は実際は int [*] である (そして 4.x BSD と libc4 と libc5 はそうなっている)。 POSIX では紆余曲折を経て現在の socklen_t になっており、 glibc でも socklen_t を使っている。 accept(2) も参照のこと。  

バグ

ソケットのオプションのいくつかはシステムのより低い層で 処理されるべきである。  

関連項目

ioctl(2), socket(2), getprotoent(3), protocols(5), ip(7), packet(7), socket(7), tcp(7), udp(7), unix(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
注意
バグ
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:23 GMT, March 14, 2017