SETFSGID

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2013-08-08
Index JM Home Page roff page
 

名前

setfsgid - ファイルシステムのチェックに用いられるグループ ID を設定する  

書式

#include <sys/fsuid.h>

int setfsgid(uid_t fsgid);  

説明

システムコール setfsgid() は、 呼び出し元のファイルシステムグループ ID --- ファイルシステムへの全てのアクセスのチェックにおいて Linux カーネルが使用するグループ ID --- の値を変更する。通常はファイルシステムグループ ID の値は実効 (effective) グループ ID と同じになる。実際、 実効グループ ID が変更される度にファイルシステムグループ ID もまた新しい実効グループ ID の値に変更される。

通常、 setfsuid() や setfsgid() を明示的に呼び出すのは、Linux NFS サーバー のように、 ファイルアクセスに用いるユーザーID / グループID を変更しなければならないが、 対応する実(real)/実効(effective) ユーザーID / グループID は変更したくないような プログラムに限られる。 NFS サーバーのようなプログラムで、通常のユーザーID を変更すると、 プロセスを望まないシグナルにさらす可能性があり、 セキュリティホールになる。(下記参照)

setfsgid() は、スーパーユーザーによって呼び出された場合か、 fsgid が呼び出し元の実グループID、実効グループID、 保存セットグループID (saved set-group-ID)、現在のファイルシステムグループ ID の値のいずれかに一致する場合にのみ成功する。  

返り値

成功時も失敗時も、 この呼び出しは直前の呼び出し元のファイルシステムグループ ID の値を返す。  

バージョン

このシステムコールはバージョン 1.2 以降の Linux に存在する。  

準拠

setfsgid() は Linux 特有であり、移植を想定したプログラムで使用してはいけない。  

注意

glibc が引き数がグループID として不正だと判断した場合は、 システムコールを行わず errnoEINVAL を設定して -1 が返される。

このシステムコールが導入された当時、プロセスは 同じ実効ユーザーIDのプロセスへシグナルを送ることができた。 今日では、シグナル送信権限の扱いはかなり違うものになっている。 なぜ今日では setfsuid(2) と setfsgid() の両者が不要なのかの議論については setfsuid(2) を参照のこと。

元々の Linux の setfsgid() システムコールは 16 ビットのグループ ID だけに対応していた。 その後、Linux 2.4 で、32 ビットの ID に対応した setfsgid32() が追加された。 glibc の setfsgid() のラッパー関数は カーネルバージョンによるこの違いを吸収している。  

バグ

いかなる種類のエラーメッセージも返さず、 成功した場合も失敗した場合も呼び出しは同じ値を返すため、 呼び出しが成功したか失敗したかを直接判定することはできない。 その代わり、 直前の setfsgid() の呼び出しがファイルシステムグループ ID を変更したかどうかを判定するために、 呼び出し元はこの後に setfsgid(-1) などを呼び出して返り値を見なければならない (setfsgid(-1) は常に失敗する)。 最低でも、失敗した場合は EPERM くらいは返すべきである (呼び出し元には CAP_SETGID ケーパビリティがなかったのだから)。  

関連項目

kill(2), setfsuid(2), capabilities(7), credentials(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
バージョン
準拠
注意
バグ
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:27 GMT, March 14, 2017