SCHED_SETSCHEDULER

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2014-10-02
Index JM Home Page roff page
 

名前

sched_setscheduler, sched_getscheduler - スケジューリングポリシーとパラメーターを設定/取得する  

書式

#include <sched.h>

int sched_setscheduler(pid_t pid, int policy,

const struct sched_param *param); int sched_getscheduler(pid_t pid);
 

説明

sched_setscheduler() システムコールは、 pid で指定された ID を持つスレッドのスケジューリングポリシーとスケジューリングパラメーターの両方を設定する。 pid が 0 の場合、呼び出したスレッド自身のスケジューリングポリシーとスケジューリングパラメーターが設定される。

スケジューリングパラメーターは param 引き数で、以下の形式の構造体へのポインターを指定する。

struct sched_param {
    ...
    int sched_priority;
    ...
};

現在の実装では、この構造体のフィールドは sched_priority だけである。 param がどのように解釈されるかは選択されたポリシーによって変わる。

現在のところ、 Linux では、 以下の「通常」の (つまり、リアルタイムではない) スケジューリングポリシーが、 policy に指定できる値としてサポートされている。

SCHED_OTHER
標準の、ラウンドロビンによる時分割型のスケジューリングポリシー。
SCHED_BATCH
「バッチ」形式でのプロセスの実行用。
SCHED_IDLE
「非常に」低い優先度で動作するバックグラウンドジョブ用。

上記のどのポリシーの場合でも、 param->sched_priority は 0 でなければならない。

どの実行可能スレッドを選択するかについて、より正確な制御を必要とする 時間の制約が厳しい特別なアプリケーション用として、 いろいろな「リアルタイム」ポリシーもサポートされている。 プロセスがこれらのポリシーをいつ使用できるかを決めるルールについては、sched(7) を参照。 policy には以下のリアルタイムポリシーを指定できる。

SCHED_FIFO
ファーストイン、ファーストアウト型のポリシー。
SCHED_RR
ラウンドロビン型のポリシー。

上記のどのポリシーの場合でも、 param->sched_priority はそのスレッドのスケジューリングポリシーを指定する。 指定された policysched_get_priority_min(2) と sched_get_priority_max(2) を呼び出した返り値の範囲の数字を指定する。 Linux では、これらのシステムコールはそれぞれ 1 と 99 を返す。

Linux 2.6.32 以降では、 sched_setscheduler() を呼び出す際に policySCHED_RESET_ON_FORK フラグを OR で指定できる。このフラグが指定されると、 fork(2) で作成された子プロセスは特権が必要なスケジューリングポリシーを継承しない。 詳細は sched(7) を参照。

sched_getscheduler() は pid で識別されるスレッドの現在のスケジューリングポリシーを返す。pid が 0 ならば、呼び出した スレッド自身のスケジューリングポリシーが返される。  

返り値

成功した場合、 sched_setscheduler() は 0 を返す。 成功した場合、 sched_getscheduler() は現在のそのスレッドのポリシー (非負の整数) を返す。 エラーの場合、 どちらのコールも -1 を返し、 errno が適切に設定される。  

エラー

EINVAL
無効な引き数: pid が負である、または param が NULL である。
EINVAL
(sched_setscheduler()) policy が認識できるポリシーではない。
EINVAL
(sched_setscheduler()) 引き数 param が指定された policy では意味を持たない。
EPERM
呼び出したスレッドが適切な特権を持っていない。
ESRCH
ID が pid のスレッドが見つからなかった。
 

準拠

POSIX.1-2001 (但し、下記のバグの節も参照)。 SCHED_BATCHSCHED_IDLE ポリシーは Linux 固有である。  

注意

上記の「通常」および「リアルタイム」スケジューリングポリシーの動作の詳細な説明は sched(7) にある。

POSIX システムでは <unistd.h>_POSIX_PRIORITY_SCHEDULING が定義されている場合にのみ sched_setscheduler() と sched_getscheduler() が使用できる。

POSIX.1 は、非特権スレッドが sched_setscheduler() を呼び出すために必要な権限の詳細を規定しておらず、 詳細はシステムにより異なる。 例えば、Solaris 7 のマニュアルページでは、 呼び出し元の実ユーザー ID または実効ユーザー ID が 設定対象の実ユーザー ID か保存 (save) set-user-ID と 一致していなければならない、となっている。

Linux では、 スケジューリングポリシーとスケジューリングパラメーターは、 実際にはスレッド単位の属性である。 gettid(2) の呼び出しの返り値をこのシステムコールの pid 引き数として渡すことができる。 pid に 0 を指定すると、 呼び出し元のスレッドの属性が設定される。 getpid(2) コールからの返り値を pid に指定すると、 スレッドグループのメインスレッドの属性が設定される (POSIX スレッド API を使用している場合は、 sched_*(2) システムコールの代わりに pthread_setschedparam(3), pthread_getschedparam(3), and pthread_setschedprio(3) を使用すること)。  

バグ

POSIX では、成功時に sched_setscheduler() は直前のスケジューリングポリシーを返すべきとされている。 Linux の sched_setscheduler() はこの要求仕様に準拠しておらず、 成功時には常に 0 を返す。  

関連項目

chrt(1), nice(2), sched_get_priority_max(2), sched_get_priority_min(2), sched_getaffinity(2), sched_getattr(2), sched_getparam(2), sched_rr_get_interval(2), sched_setaffinity(2), sched_setattr(2), sched_setparam(2), sched_yield(2), setpriority(2), capabilities(7), cpuset(7), sched(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
注意
バグ
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:27 GMT, March 14, 2017