REMOVEXATTR

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2014-02-06
Index JM Home Page roff page
 

名前

removexattr, lremovexattr, fremovexattr - 拡張属性を削除する  

書式

#include <sys/types.h>
#include <sys/xattr.h>

int removexattr(const char *path, const char *name);
int lremovexattr(const char *path, const char *name);
int fremovexattr(int fd, const char *name);
 

説明

拡張属性は、inode (ファイル、ディレクトリ、シンボリックリンク等) に 関連付けられた name:value の対である。 これらは、システム上のすべての inode に関連付けられた通常の属性 (stat(2) が返すデータ) を拡張するものである。 拡張属性のコンセプトは attr(5) に書かれている。

removexattr() は、ファイルシステム内の指定された path に対応する、名前 name の拡張属性を削除する。

lremovexattr() は removexattr() と同じだが、シンボリックリンクの場合に、リンクが参照しているファイル ではなく、リンクそのものの情報を削除する点だけが異なる。

fremovexattr() は removexattr() と同じだが、 path の代わりに fd で参照されたオープン済みファイルから拡張属性を削除するだけである点が異なる (fdopen(2) によって返される)。

拡張属性の名前は、普通のヌル終端された文字列である。 name には、名前空間を表す接頭辞 (prefix) が含まれる。 個々の inode に対し、互いに独立な名前空間が複数あってもよい。  

返り値

成功した場合、0 が返される。 失敗した場合、 -1 が返され、 errno に適切な値がセットされる。  

エラー

ENOATTR
指定された属性が存在しない。(ENOATTR<attr/xattr.h>ENODATA の同義語として定義されている。)
ENOTSUP
拡張属性がそのファイルシステムでサポートされていない、 もしくは無効になっている。

上記に加えて、 stat(2) に書かれているエラーが発生する場合もある。  

バージョン

これらのシステムコールはカーネル 2.4 以降の Linux で利用できる。 glibc でのサポートはバージョン 2.3 以降で行われている。  

準拠

これらのシステムコールは Linux 独自である。  

関連項目

getfattr(1), setfattr(1), getxattr(2), listxattr(2), open(2), setxattr(2), stat(2), attr(5), symlink(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:26 GMT, March 14, 2017