LINK

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2014-08-19
Index JM Home Page roff page
 

名前

link, linkat - ファイルの新しい名前を作成する  

書式

#include <unistd.h>

int link(const char *oldpath, const char *newpath);

#include <fcntl.h>           /* AT_* 定数の定義 */
#include <unistd.h>

int linkat(int olddirfd, const char *oldpath,
           int newdirfd, const char *newpath, int flags);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

linkat():

glibc 2.10 以降:
_XOPEN_SOURCE >= 700 || _POSIX_C_SOURCE >= 200809L
glibc 2.10 より前:
_ATFILE_SOURCE
 

説明

link() は存在するファイルへの新しいリンク (link) (ハードリンク (hard link) ともいう) を作成する。

newpath が存在する場合には、上書きはされない

この新しい名前は全ての操作において古い名前と完全に同じように使用される; 両方の名前は同じファイルを参照しており (それで同じ許可 (permission) や所有者 (ownership) となるので)、 どちらの名前が本来のものであるか判別できない。  

linkat()

linkat() システムコールは link() と全く同様に動作するが、以下で説明する点が異なる。

oldpath で指定されたパス名が相対パスの場合、このパス名はファイルディスクリプター olddirfd が参照するディレクトリに対する相対パスと解釈される (link(2) に相対パス名を渡した場合のように、呼び出したプロセスのカレントワーキングディレクトリに対する相対パスではない)。

oldpath で指定されたパス名が相対パスで、 olddirfd が特別な値 AT_FDCWD の場合、 (link(2) と同様に) oldpath は呼び出したプロセスのカレントワーキングディレクトリに対する相対パスと解釈される。

oldpath で指定されたパス名が絶対パスの場合、 olddirfd は無視される。

newpath の解釈は oldpath と同じである。 相対パスのパス名がファイルディスクリプター newdirfd が参照するディレクトリと解釈される点だけが異なる。

以下の値のビット単位の論理和を flags に指定できる。

AT_EMPTY_PATH (Linux 2.6.39 以降)
oldpath が空文字列の場合、 olddirfd が参照するファイルへのリンクを作成する (olddirfdopen(2) の O_PATH フラグを使って取得する)。 この場合、 olddirfd はディレクトリ以外の任意の型のファイルを参照することができる。 一般的には、 ファイルのリンクカウントが 0 の場合は、この操作は成功しない (ただし、 O_TMPFILE が指定され O_EXCL を指定せずに作成されたファイルは例外である)。 このフラグを使用するためには、 呼び出し元は CAP_DAC_READ_SEARCH ケーパビリティを持っていなければならない。 このフラグは Linux 固有で、 この定義を得るには _GNU_SOURCE を定義すること。
AT_SYMLINK_FOLLOW (Linux 2.6.18 以降)
linkat() は (link() 同様) デフォルトでは oldpath がシンボリックリンクの場合リンクの展開を行わない。 フラグ AT_SYMLINK_FOLLOWflags に指定することができ、指定した場合 oldpath がシンボリックリンクの場合リンクの展開が行われる。 procfs がマウントされている場合、これは AT_EMPTY_PATH の代替として以下のように使うことができる。

linkat(AT_FDCWD, "/proc/self/fd/<fd>", newdirfd,
       newname, AT_SYMLINK_FOLLOW);

カーネル 2.6.18 より前では、 flags 引き数は未使用で、 0 を指定しなければならなかった。

linkat() の必要性についての説明については openat(2) を参照。  

返り値

成功した場合は 0 が返される。エラーの場合は -1 が返され、 errno が適切に設定される。  

エラー

EACCES
newpath を含んでいるディレクトリへの書き込みが許されていないか、 oldpath または newpath へのディレクトリのどれかに検索許可がない (path_resolution(7) を参照)。
EDQUOT
ディスクブロックか inode がそのファイルシステムのユーザークォータに達していた。
EEXIST
newpath が既に存在する。
EFAULT
oldpathnewpath がアクセス可能なアドレス空間の外を指している。
EIO
I/O エラーが発生した。
ELOOP
oldpath または newpath を解決する際に遭遇したシンボリックリンクが多過ぎる。
EMLINK
oldpath によって参照されるファイルは 既に最大数までのリンクを持っている。
ENAMETOOLONG
oldpath または newpath が長過ぎる。
ENOENT
oldpath または newpath のディレクトリ部分が存在しないか、 壊れた(dangling)シンボリックリンクである。
ENOMEM
十分なカーネルメモリーがない。
ENOSPC
そのファイルを含んでいるデバイスに新しいディレクトリエントリーを 作成するための空きがない。
ENOTDIR
oldpath または newpath のディレクトリ部分が、実際には、ディレクトリでない。
EPERM
oldpath がディレクトリである。
EPERM
oldpathnewpath を含んでいるファイルシステムがハードリンクをサポートしていない。
EPERM (Linux 3.6 以降)
呼び出し元にこのファイルへのハードリンクを作成する許可がなかった (proc(5) の /proc/sys/fs/protected_hardlinks の説明を参照)。
EROFS
ファイルが読み込み専用のファイルシステムに存在する。
EXDEV
oldpathnewpath が同じマウントされたファイルシステムに存在しない。 (Linux は 1 つのファイルシステムを複数のマウント位置に マウントすることを許可している。 しかし link() は、たとえ同じファイルシステムであっても、 別々のマウント位置を跨いでは動作しない。)

linkat() では以下のエラーも発生する。

EBADF
olddirfdnewdirfd が有効なファイルディスクリプターでない。
EINVAL
無効なフラグ値が flags に指定された。
ENOENT
AT_EMPTY_PATHflags に指定されたが、呼び出し元が CAP_DAC_READ_SEARCH ケーパビリティを持っていなかった。
ENOENT
以下の呼び出しで作成されたファイルディスクリプターに対応する /proc/self/fd/NN ファイルに対してリンクを行おおうとした。


    open(path, O_TMPFILE | O_EXCL, mode);

open(2) 参照。

ENOENT
oldpath が相対パス名で、 olddirfd が削除されたディレクトリを参照している。 または、 newpath が相対パス名で、 newdirfd が削除されたディレクトリを参照している。
ENOTDIR
oldpath が相対パスで、 olddirfd がディレクトリ以外のファイルを参照している。または newpathnewdirfd に関して同じ状況である。
EPERM
flagsAT_EMPTY_PATH が指定され、 oldpath が空文字列で、 olddirfd がディレクトリを参照している。
 

バージョン

linkat() はカーネル 2.6.16 で Linux に追加された。 ライブラリによるサポートはバージョン 2.4 で glibc に追加された。  

準拠

link(): SVr4, 4.3BSD, POSIX.1-2001 (但し「注意」を参照), POSIX.1-2008.

linkat(): POSIX.1-2008.  

注意

link() でファイルシステムを超えてハードリンクを作成することはできない。 このような場合は symlink(2) を使用すること。

POSIX.1-2001 では、 oldpath がシンボリックリンクである場合、 link() は oldpath の参照を解決すべきであると記述されている。 しかし、カーネル 2.0 以降の Linux ではそのようになっていない。 oldpath がシンボリックリンクである場合、 newpath は同じシンボリックリンクファイルへの (ハード) リンクとして作成される (つまり newpatholdpath が参照していた同じファイルへのシンボリックリンクになる)。 他のいくつかの実装でも Linux と同じように動作する。 POSIX.1-2008 では link() の仕様が変更され、 oldpath がシンボリックリンクの場合にシンボリックリンクの参照を 解決するかどうかは実装依存となった。 リンク作成時のシンボリックリンクの扱いについての詳細な制御を行う場合には linkat(2) を使用すること。  

glibc での注意

linkat() が利用できない古いカーネルでは、 AT_SYMLINK_FOLLOW が指定されていない場合、 glibc ラッパー関数は link() を使用するモードにフォールバックする。 oldpathnewpath が相対パスの場合、 glibc は olddirfdnewdirfd 引き数に対応する /proc/self/fd のシンボリックリンクに基づいてそれぞれパス名を構成する。  

バグ

NFS ファイルシステムでは、NFS サーバーがリンクを作成した後に、 それを伝える前に死んだ場合には返り値が不正な場合がある。 リンクが作成できたかどうか見つけるためには stat(2) を使用すること。  

関連項目

ln(1), open(2), rename(2), stat(2), symlink(2), unlink(2), path_resolution(7), symlink(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
linkat()
返り値
エラー
バージョン
準拠
注意
glibc での注意
バグ
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:24 GMT, March 14, 2017