KEXEC_LOAD

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2014-08-19
Index JM Home Page roff page
 

名前

kexec_load - 新しいカーネルを後で実行するためにロードする  

書式

#include <linux/kexec.h>
long kexec_load(unsigned long entry, unsigned long nr_segments,
struct kexec_segment *segments, unsigned long flags);

: このシステムコールには glibc のラッパー関数は存在しない。「注意」の節を参照。  

説明

kexec_load() システムコールは、新しいカーネルをロードし、 その後の reboot(2) で実行できるようにする。

flags 引き数は、システムコールの呼び出しの動作を制御するマスクビットである。 flags には以下の値を指定できる。

KEXEC_ON_CRASH (Linux 2.6.13 以降)
システムのクラッシュ時に、新しいカーネルを自動的に実行する。
KEXEC_PRESERVE_CONTEXT (Linux 2.6.27 以降)
新しいカーネルを実行する前に、 システムのハードウェアとソフトウェアの状態を保存する。 システムの中断時 (suspend) などで使用できる。 このフラグは、カーネルの設定で CONFIG_KEXEC_JUMP が有効の場合のみ 利用可能であり、 nr_segments が 0 より大きい場合のみ効果がある。

flags の上位ビット (マスク 0xffff0000 に対応) には、 実行されるカーネルのアーキテクチャーが入る。 現在のアーキテクチャーを使うことを意味する定数 KEXEC_ARCH_DEFAULT か、 アーキテクチャー定数 KEXEC_ARCH_386, KEXEC_ARCH_68K, KEXEC_ARCH_X86_64, KEXEC_ARCH_PPC, KEXEC_ARCH_PPC64, KEXEC_ARCH_IA_64, KEXEC_ARCH_ARM, KEXEC_ARCH_S390, KEXEC_ARCH_SH, KEXEC_ARCH_MIPS, KEXEC_ARCH_MIPS_LE の いずれか一つを (OR で) 指定する。指定するアーキテクチャーは、 システムの CPU で実行可能なものでなければならない。

entry 引き数は、カーネルイメージの物理エントリーアドレスである。 nr_segments 引き数は、 segments ポインターが指すセグメントの数である。 なお、セグメント数には、カーネルにより 16 という (強制的な) 上限が課される。 segments 引き数は kexec_segment 構造体の配列で、 この構造体によりカーネルの配置が定義される。


struct kexec_segment {
    void   *buf;        /* Buffer in user space */
    size_t  bufsz;      /* Buffer length in user space */
    void   *mem;        /* Physical address of kernel */
    size_t  memsz;      /* Physical address length */
};

segments で定義されたカーネルイメージは、 呼び出したプロセスから予約済みメモリーにコピーされる。  

返り値

成功すると、 kexec_load は 0 を返す。 エラーの場合、 -1 が返り、 errno にエラーを示す値が設定される。  

エラー

EBUSY
別のクラッシュカーネルがすでにロードされているか、 クラッシュカーネルがすでに使用されている。
EINVAL
flags が無効である。 nr_segments が大きすぎる。
EPERM
呼び出し側が CAP_SYS_BOOT ケーパビリティを持っていない。
 

バージョン

kexec_load() システムコールは Linux 2.6.13 で初めて登場した。  

準拠

このシステムコールは Linux 固有である。  

注意

現在のところ、 kexec_load() は glibc ではサポートされていない。 syscall(2) を使って呼び出すこと。

必要な定数は Linux カーネルのソースファイル linux/kexec.h で定義されている が、現在のところ glibc には公開されていない。 そのため、これらの定数は手動で定義しなければならない。

このシステムコールは、カーネルの設定で CONFIG_KEXEC が有効になって いる場合にのみ利用できる。  

関連項目

reboot(2), syscall(2)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.78 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:24 GMT, March 14, 2017