IPC

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2012-10-16
Index JM Home Page roff page
 

名前

ipc - System V IPC システムコール  

書式

int ipc(unsigned int call, int first, int second, int third,
        void *ptr, long fifth);
 

説明

ipc() は メッセージ、セマフォー、共有メモリーに関する System V IPC コールの 共通のカーネルへのエントリーポイントである。 call はどの IPC 関数を呼び出すかを決め; 他の引き数は適切なコールへと渡される。

ユーザープログラムは通常の名前で適切な関数を呼び出すべきである。 標準ライブラリの実装者やカーネルハッカーのみが ipc() について知る必要がある。  

準拠

ipc() は Linux 特有であり、 移植を意図したプログラムでは 使用してはいけない。  

注意

いくつかのアーキテクチャー---for 例えば x86-64 や ARM---では、システムコール ipc() が存在しない。実際には、その代わりに msgctl(2), semctl(2), shmctl(2) などが独立したシステムコールとして実装されている。  

関連項目

msgctl(2), msgget(2), msgrcv(2), msgsnd(2), semctl(2), semget(2), semop(2), shmat(2), shmctl(2), shmdt(2), shmget(2)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:24 GMT, March 14, 2018