INOTIFY_RM_WATCH

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2010-10-15
Index JM Home Page roff page
 

名前

inotify_rm_watch - inotify インスタンスから既存の監視アイテムを削除する  

書式

#include <sys/inotify.h>

int inotify_rm_watch(int fd, int wd);  

説明

inotify_rm_watch() は、監視対象ディスクリプター (watch descriptor) wd に対応する監視アイテムを、 ファイルディスクリプター fd に対応する inotify インスタンスから削除する。

監視対象を削除すると、 この監視対象ディスクリプターに対して IN_IGNORED イベントが生成される (inotify(7) 参照)。  

返り値

成功すると、inotify_rm_watch() は 0 を返す。 エラーの場合、-1 を返し、 errno をエラーの原因を示す値に設定する。  

エラー

EBADF
fd が有効なファイルディスクリプターではない。
EINVAL
監視対象ディスクリプター wd が有効でない。もしくは、 fd が inotify ファイルディスクリプターではない。
 

バージョン

inotify は Linux カーネル 2.6.13 に組み込まれた。  

準拠

このシステムコールは Linux 独自である。  

関連項目

inotify_add_watch(2), inotify_init(2), inotify(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
バージョン
準拠
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:23 GMT, March 14, 2018