GETPAGESIZE

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2014-08-19
Index JM Home Page roff page
 

名前

getpagesize - メモリーのページサイズを取得する  

書式

#include <unistd.h>

int getpagesize(void);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

getpagesize():

glibc 2.12 以降:
_BSD_SOURCE ||
    !(_POSIX_C_SOURCE >= 200112L || _XOPEN_SOURCE >= 600)
glibc 2.12 より前: _BSD_SOURCE || _XOPEN_SOURCE >= 500 || _XOPEN_SOURCE && _XOPEN_SOURCE_EXTENDED
 

説明

getpagesize() 関数はメモリーページの大きさをバイト数で返す。 ここでいう「ページ」は固定長のブロックであり、 mmap(2) で実行されるメモリー割り当てとファイルマッピングの単位である。  

準拠

SVr4, 4.4BSD, SUSv2. SUSv2 では getpagesize() システムコールは「過去の遺物 (LEGACY)」とされており、 POSIX.1-2001 からは外されている。 HP-UX にはこのシステムコールは存在しない。  

注意

移植性が必要なアプリケーションでは、 getpagesize() ではなく sysconf(_SC_PAGESIZE) を利用すべきである。

#include <unistd.h>
long sz = sysconf(_SC_PAGESIZE);

(ほとんどのシステムでは _SC_PAGESIZE の同義語として _SC_PAGE_SIZE を使用することができる。)

getpagesize() が Linux のシステムコールとして存在するかどうかは、そのアーキテクチャーに 依存している。 システムコールとして存在する場合には、カーネルシンボルの PAGE_SIZE を返す。 PAGE_SIZE の値は、アーキテクチャーとマシンモデルに依存する。 一般に、バイナリは、アーキテクチャーごとに1つのバイナリ配布で済ませるために、 アーキテクチャーには依存しているがマシンモデルには依存していない。 つまり、ユーザープログラムはコンパイル時にヘッダーファイルから PAGE_SIZE を見つけて使用すべきではない。 少なくとも、マシンモデルについても依存性が存在する (sun4 のような) アーキテクチャーにおいては本物のシステムコールを使用する必要がある。 尚、 glibc 2.0 では、 getpagesize() がシステムコールを使用せず、固定の値を返すために、この方法は 失敗する。glibc 2.1 では大丈夫である。  

関連項目

mmap(2), sysconf(3)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
準拠
注意
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:23 GMT, March 14, 2018