TRUNCATE

Section: Linux Programmer's Manual (2)
Updated: 2015-01-22
Index JM Home Page roff page
 

名前

truncate, ftruncate - 指定した長さにファイルを切り詰める  

書式

#include <unistd.h>
#include <sys/types.h>

int truncate(const char *path, off_t length);
int ftruncate(int fd, off_t length);

glibc 向けの機能検査マクロの要件 (feature_test_macros(7) 参照):

truncate():

_BSD_SOURCE || _XOPEN_SOURCE >= 500 || _XOPEN_SOURCE && _XOPEN_SOURCE_EXTENDED
|| /* glibc 2.12 以降: */ _POSIX_C_SOURCE >= 200809L

ftruncate():

_BSD_SOURCE || _XOPEN_SOURCE >= 500 || _XOPEN_SOURCE && _XOPEN_SOURCE_EXTENDED
|| /* glibc 2.3.5 以降: */ _POSIX_C_SOURCE >= 200112L
 

説明

truncate() は path で指定されるファイルを、 ftruncate() は fd で参照されるファイルを length バイトの長さになるように延長する、もしくは切り詰める。

もし切り詰める前のファイルが length より長ければ、length バイトを越える部分のデータは失われる。 もし切り詰める前のファイルが length より短かければ、伸張される。 伸張された部分を読んだ場合はヌルバイト ('\0') の列が返される。

ファイルオフセットは変更されない。

大きさが変更されると、ファイルの st_ctime と st_mtime フィールド (それぞれ最終状態変更時刻、最終修正時刻; stat(2) 参照) が更新される。 また、set-user-ID と set-group-ID の許可ビットがクリアされるかもしれない。

ftruncate() の場合、ファイルは書き込み用に開いていなければならない。 truncate() の場合、ファイルは書き込み可能でなければならない。  

返り値

成功した場合は 0 が返される。エラーの場合は -1 が返され、 errno が適切に設定される。  

エラー

truncate() では以下のエラーコードが定義されている。
EACCES
パスで指定されているディレクトリに検索許可のないものがある (訳注:x ビットが立っていない)。 あるいは、指定されたファイルに対する書き込み許可を持っていない。 (path_resolution(7) も参照のこと)
EFAULT
引き数 path がプロセスに割り当てられているアドレス空間外を指している。
EFBIG
引き数 length が最大ファイルサイズより大きい。(XSI)
EINTR
完了待ちで停止 (block) している間に、呼び出しが シグナルハンドラーにより割り込まれた。 fcntl(2) と signal(7) を参照。
EINVAL
引き数 length が負数であるか、最大ファイルサイズより大きい。
EIO
inode の更新時に I/O エラーが発生した。
EISDIR
指定されたファイルはディレクトリである。
ELOOP
パス名を解釈する際にシンボリックリンクが多すぎた。
ENAMETOOLONG
パス名中のディレクトリ名が 255 文字を越えている、もしくはパス名全体が 1023 文字を越えている。
ENOENT
指定された名前のファイルが存在しない。
ENOTDIR
パス名の構成要素がディレクトリではない。
EPERM
下層にあるファイルシステムでは、現在のファイル長を越えて ファイルを伸長することができない。
EPERM
操作が file seal により禁止されている。 fcntl(2) 参照。
EROFS
ファイルが読み込み専用 (read only) のファイルシステム上にある。
ETXTBSY
指定されたファイルは実行されているファイルである。

ftruncate() にも同様のエラーが適用される。 但し、 path に関するエラーの場合は、ファイルディスクリプター fd に関するエラーとなる。

EBADF
fd が無効なディスクリプターである。
EBADF または EINVAL
fd で指定されているものが書き込みモードで開かれていない。
EINVAL
fd が通常のファイルを参照していない。
 

準拠

4.4BSD, SVr4, POSIX.1-2001 (これらのコールは 4.2BSD で初めて登場した)。  

注意

「説明」の節で述べた詳細は XSI 準拠のシステムについてのものである。 XSI 非準拠のシステムの場合、POSIX 標準は ftruncate() に対して length が ファイルの長さより長かった場合、 エラーを返すかファイルを伸張するかの二つの 動作を許容している。 truncate() に対しては全く規定されていない。 ほとんどの UNIX 実装と同様、Linux はネイティブ (Linux 由来) の ファイルシステム の扱いでは XSI 要求仕様にしたがっている。 しかしながら、いくつかの非ネイティブ のファイルシステムでは、 truncate() や ftruncate() を使って現在のファイル 長を越えてファイルを伸長することができない。 Linux での有名な例としては VFAT がある。

元々の Linux の truncate() と ftruncate() システムコールは 大きなファイルオフセットを扱えるように設計されていなかった。 その結果、大きなファイルファイルを扱うことができる truncate64() と ftruncate64() システムコールが Linux 2.4 で追加された。 ただし、glibc を使ったアプリケーションではこれらの詳細は気にする必要はない。 glibc のラッパー関数は新しいシステムコールが利用できる場合にはそれらを利用する ようになっているからである。

いくつかの 32 ビットアーキテクチャーでは、これらのシステムコールの呼び出し時のシグネチャーが違っています。理由は syscall(2) で説明されている通りです。  

バグ

glibc 2.12 のヘッダーファイルにはバグがあり、 ftruncate() の宣言を公開するのに必要な _POSIX_C_SOURCE の最小値が 200112L ではなく 200809L となっていた。 このバグは、これ以降のバージョンの glibc では修正されている。  

関連項目

open(2), stat(2), path_resolution(7)  

この文書について

この man ページは Linux man-pages プロジェクトのリリース 3.79 の一部 である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は http://www.kernel.org/doc/man-pages/ に書かれている。


 

Index

名前
書式
説明
返り値
エラー
準拠
注意
バグ
関連項目
この文書について

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:27 GMT, March 14, 2018