WC

Section: Misc. Reference Manual Pages (1L)
Updated: GNU Text Utilities
Index JM Home Page roff page
 

名前

wc - ファイル中のバイト数、単語数、行数を出力  

書式

wc [-clw] [--bytes] [--chars] [--lines] [--words] [--help] [--version] [file...]  

説明

このマニュアルは GNU 版の wc について解説する。 wc は指定されたファイルのバイト数、空白で区切られた単語数、行数を 数える。ファイル名が指定されなかったときや、ファイル名の指定が `-'であったときは、入力は標準入力になる。結果は1ファイルにつき 1行で出力する。ファイルが指定されたときは、それぞれの結果のあと にそのファイル名を出力する。複数のファイルが指定されたとき、 wc は最後に各ファイルの合計値を`total'として出力する。結果は行数、 単語数、バイト数の順に出力する。

デフォルトでは、 wc は3つ全てを出力する。オプション指定により出力する項目を指定できる。 オプションは先に指定したものを取り消すことはできない。 例えば wc --bytes --words はバイト数と単語数の両方を出力する。  

オプション

-c, --bytes, --chars
バイト数だけを出力する。
-w, --words
単語数だけを出力する。
-l, --lines
行数だけを出力する。
--help
利用法を出力してゼロ以外の終了ステータスを返して終了する。
--version
バージョン情報を標準出力に出力して終了する。


 

Index

名前
書式
説明
オプション

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:21 GMT, March 14, 2017