UNIQ

Section: User Commands (1)
Updated: GNU Text Utilities
Index JM Home Page roff page
 

名前

uniq - ソートされたファイルから内容の重なった行を削除する  

書式

uniq [-cdu] [-f skip-fields] [-s skip-chars] [-w check-chars] [-#skip-fields] [+#skip-chars] [--count] [--repeated] [--unique] [--skip-fields=skip-fields] [--skip-chars=skip-chars] [--check-chars=check-chars] [--help] [--version] [infile] [outfile]  

説明

この文書はもうメンテナンスされていないので、不正確・不完全 な可能性がある。現在は texinfo 文書が正式な情報となっている。

このマニュアルページは GNU 版 uniq について記述したものである。 uniq はソートされたファイルを読み込み、ユニークな (=他と内容の重ならない) 行を表示する。複数の行が同一な内容を持つ場合は、一行だけ表示して残りは 捨てる。オプションで指定すると、一回しか現われない行だけを表示したり、 複数回現われる行だけを表示することもできる。 uniq に与える入力はソートされていなければならない。比較は連続した行の間での み行われる。

出力ファイルが指定されなければ uniq は標準出力に結果を書き出す。また入力ファイルが指定されなければ標準入力 から読み込む。  

オプション

-u, --unique
一回しか現われない行だけを出力する。
-d, --repeated
同じ内容が二行以上あるものだけを出力する。
-c, --count
それぞれの行が何回現われたかを行の内容とともに表示する。
-number, -f, --skip-fields=number
number は同一行かどうかの判断を行う前にスキップするフィールド (field) の数で、 整数で指定する。先頭から number までのフィールドと、フィールド間に現われるスペースはスキップされ、比較 の対象にされない。フィールドとは空白とタブ以外の文字からなる文字列で、 フィールド間は空白かタブで区切られる。
+number, -s, --skip-chars=number
number は同一行かどうかの判断を行う前にスキップする文字数で、整数で指定する。 先頭から number までの文字 (空白も含む) はスキップされ、比較の対象にされない。フィール ドスキップと文字スキップのオプションを両方指定した場合は、フィールドス キップが先に行われる。
-w, --check-chars=number
行を比較するときに用いる文字数を指定する。これはフィールドや文字のスキッ プを行った後の数である。このオプションが指定されない場合は、残った文字 すべてが比較の対象にされる。
--help
使い方に関するメッセージを標準出力に表示し、実行成功を返して終了する。
--version
バージョン情報を標準出力に表示して終了する。


 

Index

名前
書式
説明
オプション

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:21 GMT, March 14, 2017