TAIL

Section: User Commands (1)
Updated: GNU Text Utilities
Index JM Home Page roff page
 

名前

tail - ファイルの末尾の部分を表示する  

書式

tail [-c [+]N[bkm]] [-n [+]N] [-fqv] [--bytes=[+]N[bkm]] [--lines=[+]N] [--follow] [--quiet] [--silent] [--verbose] [--help] [--version] [file...]

tail [{-,+}Nbcfklmqv] [file...]  

説明

この文書はもうメンテナンスされていないので、不正確・不完全 な可能性がある。現在は texinfo 文書が正式な情報となっている。

このマニュアルページは GNU 版 tail について記述したものである。 tail は与えられたファイルそれぞれの末尾の部分 (デフォルトでは 10 行) を表示 する。ファイル名がひとつも指定されなかったり、ファイル名として '-' が 指定された場合には標準入力から読み込む。 一つ以上のファイルが与えられた場合には、それぞれのファイルの内容を出力 する前に、ファイル名を `==>' と `<==' で囲ったヘッダを表示する。

GNU 版 tail では出力の大きさの指定に制限が無い。これは固定サイズのバッファを用いて いた Unix 版とは異なる。 また GNU 版には -r オプション (逆順表示) は無い。ファイルを逆順に表示するのは、ファイルの 末尾を表示するのとは本質的に異なる。 BSD 版 tail はバッファ (通常 32k) よりも小さいファイルを逆順表示できるに過ぎない。 この目的には GNU 版の tac コマンドを用いる方が、信頼性も融通性も高い。  

オプション

tail は二種類のオプション形式を受け付ける。新しい形式では数字を文字オプショ ンに対する引き数として指定し、古い形式ではすべての文字オプションの前に `+' または `-' に数値を加えて指定する。

数値 (`N') が `+' を前置して指定された場合には、 tail はそれぞれのファイルの先頭から N 番目の項目以降を表示する。通常の動作 では最後から数える。

-c N, --bytes N
末尾 N バイトを表示する。 N は 0 でない整数で、以下の文字のうちの一つ を付加することによって単位を指定することもできる。
b
512 バイトのブロック数で指定
k
1 キロバイトのブロック数で指定
m
1 メガバイトのブロック数で指定
-f, --follow
ファイルの内容がどんどん増えて続けているものと仮定し、ファイルの最終部 分の文字を読み続けようと無限にループする。パイプから読み込んでいる場合 は無視される。一つ以上のファイルが指定された場合は、 tail は異なったファイルの追加分を受け付けるごとにヘッダを表示し、出力がどの ファイルに由来するものかがわかるようにする。
-l, -n N, --lines N
末尾 N 行を表示する。 -l は古い形式のオプション指定を使う場合のみ認識される
-q, --quiet, --silent
ファイル名のヘッダを表示しない
-v, --verbose
常にファイル名のヘッダを表示する
--help
使い方に関するメッセージを標準出力に表示し、実行成功を返して終了する
--version
バージョン情報を標準出力に表示して終了する


 

Index

名前
書式
説明
オプション

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:20 GMT, March 14, 2018