HEAD

Section: User Commands (1)
Updated: GNU Text Utilities
Index JM Home Page roff page
 

名前

head - 指定ファイルの最初の部分を表示  

書式

head [-c N[bkm]] [-n N] [-qv] [--bytes=N[bkm]] [--lines=N] [--quiet] [--silent] [--verbose] [--help] [--version] [file...]

head [-Nbcklmqv] [file...]  

説明

このマニュアルページは GNU の head のために書かれた。 head は指定されたファイルの最初の部分(デフォルトで 10 行)を 表示する。 指定ファイルが省略されたときやファイル名が `-' のときは,標準入力から 読み込まれる。 複数のファイルが指定されたときは,それぞれ `==>' と `<==' に囲まれたファ イル名が最初に表示される。  

オプション

head には 2 種類のオプションの指定方法がある。 一つは数字がオプション文字の引数になり,もう一つは数字がオプション文字 の前に置かれるものである。

-c N, --bytes N
最初の N バイトを表示する。 N は非負の整数であり,最後に以下の文字を付け加えることにより単位を変え ることができる。
b
512 バイト
k
1 キロバイト
m
1 メガバイト
-n N, --lines N
最初の N 行を表示する。
-q, --quiet, --silent
ファイル名を表示しない。
-v, --verbose
いつでもファイル名を表示する。
--help
使用方法を表示し,正常に終了する。
--version
バージョンを表示し,正常に終了する。


 

Index

名前
書式
説明
オプション

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:20 GMT, March 14, 2018