FOLD

Section: User Commands (1)
Updated: GNU Text Utilities
Index JM Home Page roff page
 

名前

fold - 入力行を指定された幅にあわせて折りたたむ  

書式

fold [-bs] [-w width] [--bytes] [--spaces] [--width=width] [--help] [--version] [file...]  

説明

この文書はもうメンテナンスされていないので、不正確・不完全 な可能性がある。現在は texinfo 文書が正式な情報となっている。

このマニュアルページは GNU 版 fold について記述したものである。 fold は指定されたファイル (ファイル名がひとつも指定されなかったり、 '-' が 指定された場合には標準入力) の内容を標準出力に書き込む。 その際、長い行は複数の短い行に分割する。 これは 80 桁目に改行文字を挿入することによって実現される。 桁数の評価は画面出力のイメージをもとに行われる。 したがってタブ文字は複数桁に数えられることが多いだろうし、 バックスペース文字は桁数を減らすことになり、 復帰 (carriage return) 文字は桁数のカウントを 0 に戻すことになる。  

オプション

-b, --bytes
桁数ではなくバイト数をカウントする。したがってタブ、バックスペース、復 帰の各文字は、他の文字と同じくカウントをひとつだけ増す効果のみを持つこ とになる。
-s, --spaces
単語 (word) の境界で行の分割を行う。行に空白 (blank) があれば、行の最 大長を越えないうち、最も大きな桁にある空白で改行が行われる。行に空白が ひとつもなければ、行の最大長の位置で改行が行われる (通常の動作と同じ)。
-w, --width width
行の最大長を width 桁にする (デフォルトは 80)。
--help
使い方に関するメッセージを標準出力に表示し、実行成功を返して終了する。
--version
バージョン情報を標準出力に表示して終了する。


 

Index

名前
書式
説明
オプション

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:20 GMT, March 14, 2018