CSPLIT

Section: User Commands (1)
Updated: GNU Text Utilities
Index JM Home Page roff page
 

名前

csplit - ファイルを文脈ベースで分割する  

書式

csplit [-sqkz] [-f prefix] [-b suffix] [-n digits] [--prefix=prefix] [--suffix-format=suffix] [--digits=digits] [--quiet] [--silent] [--keep-files] [--elide-empty-files] [--help] [--version] file pattern...  

説明

この文書はもうメンテナンスされていないので、不正確・不完全 な可能性がある。現在は texinfo 文書が正式な情報となっている。

このマニュアルページは GNU 版 csplit について記述したものである。 csplit は与えられた入力ファイル file (ファイル名が `-' の場合は標準入力) の各セクション(section)の内容を持った 0 個以上の出力ファイルを作成す る。デフォルトでは csplit はそれぞれの出力ファイルを作成する際に、出力されたバイト数を表示する。

出力ファイルの内容は引き数 pattern によって定められる。 pattern 引き数で指定される行が入力ファイルに存在しない場合はエラーとなる。例え ば、与えられた正規表現にマッチする行が残っていない場合などが該当する。 ただし与えられた pattern が一度でもマッチしていれば、残りの出力は最後の出力ファイルにコピーされ る。 pattern 引き数の形式としては以下のようなものがある:

line

line には正の整数を指定する。出力ファイルを作成し、入力ファイル の内容を行番号が line になるまで書き込む(ただし line の 行は含まない)。この後にさらに数字が指定されると、次の出力ファイルが作 成され、入力ファイルの続きの内容をその行番号まで書き込んでいく。
/regexp/[offset]

出力ファイルを作成し、入力ファイルのうち regexp にマッチする行の前までの内容を書き込む(マッチ行は含まない)。 offset を付加することもできる。これは `+' または `-' に正の整数を続けて指定す る。 offset が指定されるとマッチ行に offset の値を加減した行までが出力される。 入力ファイルの残りは次のセクションの入力として利用される。
%regexp%[offset]

直前の形式と同様だが、出力ファイルが作成されない。したがって入力ファイルの 該当するセクションは無視されることになる。
{repeat-count}

repeat-count には正の整数を指定する。 直前のパターンを repeat-count の回数だけ余計に繰りかえす。繰り返し回数の部分に整数でなくアスタリスク を指定することもできる。この場合は入力ファイルが終わるまで直前の パターンを繰り返す。

出力ファイルのファイル名は二つの部分からなっている。デフォルトでは後半部 は 2 桁の 10 進数で、 00 から 99 まで順にカウントアップされて行く。 このデフォルトの設定は --digits オプションや --suffix-format オプションによって変更できる(詳細は後述)。いずれの場合でも、出力ファ イルを名前でソートして順に結合させると、入力ファイルが得られるようになっ ている。前半部のデフォルト名は `xx' である。

csplit がエラーになったり、 hangup や interrupt、 quit、 terminate などのシグナルを 受け取った場合には、デフォルトではそれまでに作られた出力ファイルは消去される。  

オプション

-f, --prefix=prefix
prefix を出力ファイル名の前半部分の文字列として用いる。
-b, --suffix-format=suffix
suffix を出力ファイル名の後半部に用いる。 suffix には、 printf(3) 形式の変換文字列を指定しなければならない(例えば %d のようなもの。書式指定、文字列の幅、精度指定なども指定可能)。変換指定 文字列は整数を可読なかたちで出力するものでなければならない。したがって 使えるのは `d'、 `i'、 `u'、 `o'、 `x' および `X' に限られる。 suffix 文字列はすべて(現在の出力ファイルが何番目かを示す数値と共に) sprintf(3) 関数に渡され、それぞれの出力ファイルに応じた名前が順番に出 力される。 このオプションが指定された場合には、 --digits オプションは無視されるので注意すること。
-n, --digits=digits
出力ファイル名の数値部分の桁数をデフォルト値の 2 から digits に変更する。
-k, --keep-files
エラーが起こったときにそれまでに作成した出力ファイルを消去しないように する。
-z, --elide-empty-files
大きさ 0 の出力ファイルを作らないようにする(セクションの区切りが入力 の最初の行にきた場合、このオプションを指定していなければ対応する出力ファ イルの大きさは 0 になる。なお出力ファイルの順番を示す番号は、このオプ ションによって大きさ 0 のファイルの出力が抑制された場合でも、常に 0 か らスタートする(そのような場合にはファイルの個数がひとつ少なくなること になる)。
-s, -q, --silent, --quiet
出力ファイルのサイズを表示しない。
--help
使い方に関するメッセージを標準出力に表示し、実行成功を返して終了する。
--version
バージョン情報を標準出力に表示して終了する。


 

Index

名前
書式
説明
オプション

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:21 GMT, March 14, 2017