SHAR

Section: User Commands (1)
Updated: September 10, 1995
Index JM Home Page roff page
 

名前

shar - シェルアーカイブを作成する  

書式

shar [ options ] file ...
shar -S [ options ]
 

説明

shar は「シェルアーカイブ (shar ファイル)」を作成する。 これはテキスト形式なので、メールで送ることができる。 これらのファイルをほどくには、 /bin/sh を使って実行すればよい。 作成されたアーカイブは、-o オプションで指示されない限り、 標準出力に送られる。 shar には様々な機能があるので、 shar ファイルの作成や shar の「賢さ (smartness)」の指定は、非常に柔軟に行うことができる。 アーカイブは、「簡潔 (vanilla)」にも詳細にもできる。  

オプション

オプションには、- で始まる 1 文字のバージョンと、 -- で始まる長いバージョンがある。 --help, --version, --no-i18n, --print-text-domain-dir は例外で、 短いバージョンがない。 長いオプションに必須の引き数は、短いオプションでも必須である。 オプションはどのような順番でも与えることができる。 互いに依存しているオプションもある。たとえば、

        -l-L オプションを使う場合、-o オプションが必要である。
        -a オプションを使う場合、-n オプションが必要である。
        下記の -V オプションも参照すること。
 

フィードバックを与える:

--help
ヘルプを標準出力に表示し、すぐに終了する。
--version
プログラムのバージョン番号を標準出力に表示し、すぐに終了する。
-q --quiet --silent
アーカイブを作成するとき、詳細なメッセージを出力しない。
 

ファイルの選択:

-p --intermix-type
指定位置に依存するパラメーターオプションの使用を許す。 -B, -T, -z, -Z オプションを (ファイルリストに) 入れてよい。 このオプションの後ろのファイルはすべて、指示されたモードで処理される。
-S --stdin-file-list
コマンドラインからではなく、標準入力からパックするファイルの一覧を読み込む。 入力は find コマンドで生成される形式と同じく、 1 行に 1 つのファイル名でなければならない。 パックするファイルの一覧をコマンドラインに書けない場合に、 このオプションは非常に役立つ。たとえば、

find . -type f -print | sort | shar -S -Z -L50 -o /tmp/big

-p が指定された場合、 -B, -T, -z, -Z オプションを 標準入力に入れることができる (行はファイル名で区切られる)。 標準入力の行数、ファイル名、オプションは最大 1024 を越えてはならない。
 

出力の分割:

-o XXX --output-prefix=XXX
アーカイブを標準出力に送らず、ファイル XXX.01 から XXX.nn に保存する。 -l または -L オプションを使う場合、 このオプションを使うこと。
-l XX --whole-size-limit=XX
出力ファイルのサイズを XX キロバイトに制限しようとする (このサイズより小さくなる場合は、 複数の入力ファイルをまとめた出力ファイルを作成する)。 しかし、(1 つの入力ファイルをアーカイブしたサイズが これより大きくなる場合でも) 入力ファイルを途中で分割しない。
-L XX --split-size-limit=XX
出力ファイルのサイズを XX キロバイトに制限し、必要ならば分割する。 このオプションで作られた、分割形式のアーカイブファイルは、 正しい順番でファイルを取り出さなければならない。
 

shar ヘッダーの制御:

-n name --archive-name=name
shar ファイルのヘッダーにアーカイブ名を入れる。 -a オプションを参照すること。
-s who@where --submitter=who@where
自動的に決定される作成者名を上書きする。
-a --net-headers
次のようなヘッダーを自動生成する。
        Submitted-by: who@where
        Archive-name: <name>/part##
<name> は -n オプションで指示しなければならない。 name に '/' が含まれている場合、"/part" は使われない。つまり、


-n xyzzy                      の場合:
                              xyzzy/part01
                              xyzzy/part02

-n xyzzy/patch                の場合:
                              xyzzy/patch01
                              xyzzy/patch02

-n xyzzy/patch01.             の場合:
                              xyzzy/patch01.01
                              xyzzy/patch01.02
who@where がデフォルトでは不適切な場合、-s オプションを使って明示的に宣言できる。 who@where は本来 `whoami`@`uname` で作られる。
-c --cut-mark
shar ファイルを cut line で始める。'Cut here' と書かれた行が、 各出力ファイルの先頭に置かれる。
 

ファイルの格納法の選択:

-M --mixed-uuencode
混合モード。ファイルがテキストなのかバイナリなのかを決定し、 正しくアーカイブを作る (デフォルトである)。 バイナリであるとわかったファイルは、パックする前に uuencode される (ネットワーク上の多くの人に、uuencode の使用は煙たがられる)。
-T --text-files
すべてのファイルをテキストとして扱う。
-B --uuencode
すべてのファイルをバイナリとして扱い、パックする前に uuencode する。 このオプションは、アーカイブのサイズを増大させる。 受信者は、ファイルを取り出すために uudecode を持っていなければならない (ネットワーク上の多くの人に、uuencode の使用は煙たがられる)。
-z --gzip
パックする前に、すべてのファイルを gzip して uuencode する。 受信者は、ファイルを取り出すために uudecode と gzip を持っていなければならない (ネットワーク上の多くの人に、uuencode と gzip の 使用は煙たがられる)。
-g LEVEL --level-for-gzip=LEVEL
圧縮するとき、'-LEVEL' を gzip のパラメーターとして使う。 デフォルトは 9 である。 -g オプションは、デフォルトで -z オプションをオンにする。
-Z --compress
パックする前に、すべてのファイルを compress して uuencode する。 受信者は、ファイルを取り出すために uudecode と compress を持っていなければならない (ネットワーク上の多くの人に、uuencode と compress の 使用は煙たがられる)。 -C オプションは、-Z と同義であるが、推奨されない。
-b BITS --bits-per-code=BITS
圧縮するとき、'-bBITS' を compress のパラメーターとして使う。 -B オプションは、デフォルトで -Z オプションをオンにする。 デフォルトの値は 12 である。
 

転送エラーに対する保護:

-w --no-character-count
ファイルを取り出すした後、'wc -c' を使って各ファイルをチェックしない。 デフォルトではチェックする。
-D --no-md5-digest
取り出したファイルを検査するために 'md5sum' ダイジェストを使わない。 デフォルトでは、チェックする。
-F --force-prefix
必要がない場合でも、強制的にプレフィックス文字 (-d オプションの引き数が 'X' で始まっていない限り、通常は 'X') を すべての行の行頭におく。 特に -B-Z が使われる場合、 このオプションはアーカイブのサイズを少し増加させる。
-d XXX --here-delimiter=XXX
SHAR_EOF のかわりに XXX を shar アーカイブの中のファイルの境界に使う。 このオプションは、shar ファイルをその人独自のものにしたい人のためにある。
 

何種類かの shar ファイルの作成:

-V --vanilla-operation
unshar をする環境に sed と echo だけがあれば良いような、 「簡潔な (vanilla)」shar ファイルを生成する。 さらに、-x オプションを使わないときは、 "if test" をサポートしなければならない。 -V オプションは、"network cop" (または、"brown shirt" (訳註:やたらと検閲したがる人)) が 不快に感じるオプションを暗黙のうちに不可にする。 しかし、-B, -z, -Z, -p, -M オプションと同時に指定されると、警告を発する (これらのオプションは、unshar をする環境に uudecode, gzip, compress を必要とする)。
-P --no-piping
shar ファイル (の展開) にパイプではなく一時ファイルを使う。
-x --no-check-existing
チェックせずに、既に存在するファイルを上書きする。 -x-X も指定されない場合は、 アーカイブからファイルを取り出すときに、 既に存在するファイルをチェックして上書きしない。 ファイルを取り出すとき、

sh archive -c
というように、-c がスクリプトへの引き数として渡されると、 既に存在するファイルが無条件に上書きされる。
-X --query-user
ファイルを取り出すとき、ファイルの上書きをユーザーに対話的に尋ねる。 (ネットワーク上に送信する shar ファイルに使ってはならない)。
-m --no-timestamp
アーカイブからファイルを取り出すときに 'touch' コマンドを生成しない。 ファイル修正日時は復元されない。
-Q --quiet-unshar
詳細出力をしない。 ファイルを取り出すときに出力されるコメントをアーカイブに含めない。
-f --basename
パスを考慮せず、ファイル名だけで復元をする。 このオプションはファイル名だけが使われるようにする。 shar ファイルが複数のディレクトリから作られる場合に役立つ。 ディレクトリ名が shar に渡される場合、 -f オプションが指定されているかどうかに関係なく、 そのディレクトリ以下の階層は復元されることに注意すること。
 

国際化:

--no-i18n
国際化されたシェルアーカイブを作らず、デフォルトの英語メッセージを使う。 shar は通常、 アーカイブからファイルを取り出すときに (環境変数 LANG/LC_MESSAGES で決定される) その人の好みの言語で メッセージを出力することができるアーカイブを作る。 ファイルを取り出すとき、その人の言語のメッセージファイルがない場合は、 メッセージは英語になる。
--print-text-domain-dir
shar がいろいろな言語のメッセージファイルを見つけるための ディレクトリを表示し、すぐに終了する。
 


shar *.c > cprog.shar                # すべての C プログラムソース
shar -Q *.[ch] > cprog.shar          # 詳細出力なし。.c と .h ファイル
shar -B -l28 -oarc.sh *.arc          # すべてのバイナリ .arc ファイルを、
                                     # ファイル arc.sh.01 - arc.sh.NN へ
shar -f /lcl/src/u*.c > u.sh         # ファイル名のみを使用

 

警告

ファイルを取り出すとき作られるディレクトリに対して、 chmod と touch が起動されることはない。 よって、ディレクトリを shar でパックすると、 取り出されたディレクトリのアクセス権・修正日時は、 元のディレクトリのものと一致しない。

shar にディレクトリを渡すと、 ディレクトリは 2 回以上スキャンされる。 よって、shar が動作している間にディレクトリを変更しないように 注意しなければならない。

出力ファイルが入力ファイルに含まれないように注意すること。 さもないと、shar はディスクが溢れるまでループする。 特に、shar にディレクトリを渡すときは、 出力ファイルをそのディレクトリ (もしくはそのサブディレクトリ) に 置かないように注意すること。

-B, -z, -Z, 特に -M を使うと、 ファイル数に応じてアーカイブプロセスが非常に遅くなる。

-X オプションを使うと、多くの unshar プロセスで 間違いなく 問題を引き起こす shar ファイルが作られる。 この機能を使うのは、合意の取れた集団内で受け渡されるアーカイブのみにすること。 もちろん、-X は Usenet に発信される シェルアーカイブのためのものではない。 -B, -z, -Z をネットワーク上の shar ファイルに使うと、 非常に非難されるだろう。 -m-F を使わない場合も、時々苦情を言われるだろう。  

関連項目

unshar(1)  

返り値

不正なオプション・矛盾するオプション、 一般でないファイル・見つからないファイル・アクセスできないファイル、 (有り得ない) メモリ割り当ての失敗、に対するエラーメッセージ。  

著者

shar と unshar プログラムは多くの著者の協同作品である。 多くの人々が、問題の報告・いろいろな改良の示唆・実際のコードの提供に 貢献してくれた。 これらの人々は sharutils ディストリビューションの THANKS というファイルにリストされている。


 

Index

名前
書式
説明
オプション
フィードバックを与える:
ファイルの選択:
出力の分割:
shar ヘッダーの制御:
ファイルの格納法の選択:
転送エラーに対する保護:
何種類かの shar ファイルの作成:
国際化:
警告
関連項目
返り値
著者

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:21 GMT, March 14, 2017