TEST

Section: User Commands (1)
Updated: GNU Shell Utilities
Index JM Home Page roff page
 

名前

test - ファイルの形式のチェックや値の比較を行う  

書式

test [expr]
test {--help,--version}  

説明

この文書はもうメンテナンスされていないので、不正確・不完全 な可能性がある。現在は texinfo 文書が正式な情報となっている。

このマニュアルページは GNU 版 test について記述したものである。 ほとんどのシェルには同じ名前と同様の機能を持った組み込みコマンドが あることに注意。

test は条件式 expr を評価した結果によって、 0(真)または 1(偽)を終了ステータス として返す。 式は単項式あるいは二項式である。単項式は通常ファイルのステータスを調べ るために用いられる。文字列に対する演算子や数値を比較する演算子もある。

-b file
file が存在し、ブロックスペシャルファイルであれば真。
-c file
file が存在し、キャラクタスペシャルファイルであれば真。
-d file
file が存在し、ディレクトリであれば真。
-e file
file が存在すれば真。
-f file
file が存在し、通常のファイルであれば真。
-g file
file が存在し、set GID されていれば真。
-k file
file が存在し、 sticky ビットが立っていれば真。
-L file
file が存在し、シンボリックリンクであれば真。
-p file
file が存在し、名前付きパイプ(named pipe)であれば真。
-r file
file が存在し、読み取り可能であれば真。
-s file
file が存在し、サイズが 0 より大きければ真。
-S file
file が存在し、ソケットであれば真。
-t [fd]
fd が端末でオープンされていれば真。 fd が省略された場合のデフォルト値は 1(標準出力)。
-u file
file が存在し、 set SUID されていれば真。
-w file
file が存在し、書き込み可能であれば真。
-x file
file が存在し、実行可能であれば真。
-O file
file が存在し、実効ユーザー ID による所有であれば真。
-G file
file が存在し、実効グループ ID による所有であれば真。
file1 -nt file2
file1file2 より(修正時刻で比較して)新しければ真。
file1 -ot file2
file1file2 より古ければ真。
file1 -ef file2
file1file2 のデバイス番号と i-ノード番号が共に等しけれ ば真。
-z string
string の長さが 0 であれば真。
-n string
string
の長さが 0 より大きければ真。
string1 = string2
二つの文字列が等しければ真。
string1 != string2
二つの文字列が等しくなければ真。
! expr
expr が偽であれば真。
expr1 -a expr2
expr1expr2 の両方が真であれば真。
expr1 -o expr2
expr1expr2 のどちらかが真であれば真。
arg1 OP arg2
OP -eq-ne-lt-le-gt-ge のいずれか。 これらの代数比較演算子は、それぞれ arg1arg2(に等しい、 に等しくない、より小さい、より小さいか等しい、より大きい、より大きいか 等しい)条件を満たせば真。 arg1 および arg2 は正の整数、負の整数をとることができる。また -l string という特殊な式を指定することもでき、この場合は string の長さとなる。
 

オプション

GNU test が引き数一つで実行されたときに限り、以下のオプションが認識される:
--help
使い方に関するメッセージを標準出力に表示し、実行成功を返して終了する。
--version
バージョン情報を標準出力に表示し、実行成功を返して終了する。


 

Index

名前
書式
説明
オプション

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:21 GMT, March 14, 2017