ENV

Section: User Commands (1)
Updated: GNU Shell Utilities
Index JM Home Page roff page
 

名前

env - 環境を変えてプログラムを実行する。  

書式

env [-] [-i] [-u name] [--ignore-environment] [--unset=name] [--help] [--version] [name=value]... [command [args...]]
env  

説明

この文書はもうメンテナンスされていないので、不正確・不完全 な可能性がある。現在は texinfo 文書が正式な情報となっている。

このマニュアルページは GNU 版 env について記述したものである。 env は環境をコマンドライン引き数に従って変更してからプログラムを実行する。 `variable=value' という形式の引き数は、環境変数 variablevalue という値に指定する。 value は空であってもよい(`variable=')。環境変数を空の値に設定するのは、変 数自体を無効にするのとは異なる効果を持つことに注意。

残った引き数のうちの最初のものが、実行されるプログラムを指定する。プロ グラムの在処は環境変数 PATH の指定に基づいて検索される。これ以降の引き 数はすべて実行プログラムに引き数として渡される。

環境変数設定の後にコマンド名が指定されない場合は、結果として得られた環 境を印刷する。この動作はコマンドに `printenv' を指定したときと同じ。  

オプション

--help
標準出力に使用方法のメッセージを出力し、実行成功を返して終了する。
-u, --unset name
環境変数として name が設定されている場合は、それを削除する。
-, -i, --ignore-environment
環境を継承せず、何も環境変数が設定されていない状態からはじめる。
--version
標準出力にバージョンの情報を出力し、実行成功を返して終了する。


 

Index

名前
書式
説明
オプション

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:21 GMT, March 14, 2017