CHROOT

Section: Misc. Reference Manual Pages (1L)
Updated: GNU Shell Utilities
Index JM Home Page roff page
 

名前

chroot - ルートディレクトリを設定して、コマンドまたは対話型シェルを実行する  

書式

chroot [--help] [--version] directory [command...]  

説明

この文書はもうメンテナンスされていないので、不正確・不完全 な可能性がある。現在は texinfo 文書が正式な情報となっている。

このマニュアルページは GNU 版 chroot について記述したものである。 chroot はファイル名変換のためのルートディレクトリを、指定したディレクトリに変更 してからコマンドを実行する。 command が与えられなかった場合、 chroot は対話型シェルを起動する。 `SHELL' 環境変数で指定しているシェルプログ ラムが起動される。環境変数による指定がない場合のデフォルトは /bin/sh。  

オプション

--help
標準出力に使用方法のメッセージを出力し、実行成功を返して終了する。
--version
標準出力にバージョンの情報を出力し、実行成功を返して終了する。
 

注意

多くのシステムではスーパーユーザーしかルートディレクトリを変更できない ようになっている。


 

Index

名前
書式
説明
オプション
注意

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:20 GMT, March 14, 2017