M4

Section: ユーザーコマンド (1)
Updated: 2021/05
Index JM Home Page roff page
 

名前

m4 - マクロプロセッサー  

書式

m4 [,OPTION/]... [,FILE/]...  

説明

FILE 内のマクロを処理します。 FILE の指定がない、 あるいは `-' が指定された場合、 標準入力から読み込みます。

ロングオプション形式の必須または任意引数は、 ショートオプション形式でも必須または任意引数になります。  

操作モード:

--help
このヘルプを表示して終了します。
--version
バージョン情報を表示して終了します。
-E, --fatal-warnings
1 度目: 警告をエラーとします、 2 度目: 1 度目のエラー箇所で実行を停止します。
-i, --interactive
出力をバッファーに残さず、中断しません。
-P, --prefix-builtins
ビルトイン名の先頭に強制的に `m4_' をつけます。
-Q, --quiet, --silent
ビルトインに対する警告メッセージをいくつか省略します。
--warn-macro-sequence[=,REGEXP/]
マクロ定義が REGEXP に一致した場合に警告します。
デフォルトは \$\({[^}]*}\|[0-9][0-9]+\) です。
-W, --word-regexp=,REGEXP/
マクロ名の文法に REGEXP を用います。
 

プリプロセッサー機能:

-D, --define=NAME[=,VALUE/]
VALUE という値または空の値を持つ NAME を定義します。
-I, --include=,DIRECTORY/
インクルードパスに DIRECTORY を追加します。
-s, --synclines
`#line NUM "FILE"' 行を生成します。
-U, --undefine=,NAME/
NAME を未定義にします。
 

制限制御:

-g, --gnu
-G を上書きして GNU 拡張を再度有効にします。
-G, --traditional
GNU 拡張をすべて無効にします。
-H, --hashsize=,PRIME/
シンボルの検索ハッシュテーブルのサイズを設定します。 [デフォルト: 509]
-L, --nesting-limit=,NUMBER/
ネスト階層の制限を変更します。 0 を指定すると無制限です。[デフォルト: 0]
 

凍結 (frozen) 状態のファイル:

-F, --freeze-state=,FILE/
処理の最後に FILE を凍結状態にします。
-R, --reload-state=,FILE/
処理の最初に FILE の凍結状態から再ロードします。
 

デバッグ:

-d, --debug[=,FLAGS/]
デバッグレベルを設定します (FLAGS には `aeq' を含みません)。
--debugfile[=,FILE/]
デバッグおよびトレース出力を FILE にリダイレクトします (デフォルトは stderr、 空文字の場合は無視されます)。
-l, --arglength=,NUM/
マクロのトレースサイズを制限します。
-t, --trace=,NAME/
NAME が定義されているものとして、 これをトレースします。
 

FLAGS は以下のいずれか:

a
実際の引数を表示します。
c
情報の収集前後、呼び出し後を表示します。
e
展開結果を表示します。
f
現在の入力ファイル名を表示します。
i
入力ファイルにおける変更を表示します。
l
現在の入力行番号を表示します。
p
パス検索の結果を表示します。
q
a または e フラグを用いる場合に、 必要に応じて値をクォートで囲みます。
t
トレースがオンの時だけでなく、 マクロ呼び出しをすべてトレースします。
x
マクロ呼び出しの ID を追加します。 c フラグとともに用いると便利です。
V
簡潔に上記フラグすべてを含める指定です。

環境変数 `M4PATH' はディレクトリを、 コロンで区切ったリストを指定しますが、 これが定義されている場合、 `-I' の指定の後ろに追加されます。

終了ステータスは成功時が 0、 失敗時が 1、 凍結ファイルのバージョン不一致時が 63 です。 または m4exit マクロに値が設定されれば、 その値になります。  

著者

Rene' Seindal  

バグ報告

バグ報告は bug-m4@gnu.org までお願いします。
GNU M4 home page: <https://www.gnu.org/software/m4/>
GNU ソフトウェアの全般的なヘルプ: <https://www.gnu.org/gethelp/>  

著作権

Copyright © 2021 Free Software Foundation, Inc. License GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <https://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.  

関連項目

m4 の完全なドキュメントは Texinfo マニュアルとしてメンテナンスされています。 infom4 の両プログラムが適切にインストールされていれば、 以下のコマンド
info m4

を実行して完全なマニュアルを参照できます。


 

Index

名前
書式
説明
操作モード:
プリプロセッサー機能:
制限制御:
凍結 (frozen) 状態のファイル:
デバッグ:
FLAGS は以下のいずれか:
著者
バグ報告
著作権
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:24 GMT, November 24, 2022