本ページは FreeBSD jpman project (man-jp@jp.FreeBSD.org) より寄贈いただきました。

TBL

Section: User Commands (1)
Updated: 6 August 2001
Index JM Home Page roff page
 

名称

tbl - troff のための表フォーマッタ  

書式

tbl [ -Cv ] [ files... ]  

解説

本マニュアルでは、groff ドキュメントフォーマットシステムの一部である GNU バージョンの tbl について記述します。 tbl は、 troff ドキュメントに埋め込まれた表の記述を troff が解釈できるコマンドに変換します。通常、 tblgroff-t オプションを指定することにより起動されます。 tbl は Unix tbl と高い互換性を持ちますが、GNU tbl の出力は Unix troff で処理することはできません。それは GNU troff で処理する必要があります。 コマンドラインにファイル名が指定されなかった場合、 標準入力から読み込みます。 ファイル名として - を指定した場合も標準入力から読み込みます。  

オプション

-C
.TS.TE のあとに空白や改行以外の文字がきても、それを .TS.TE であると解釈します。
-v
バージョン番号を表示します。
 

使用法

ここでは GNU の tbl と Unix の tbl の違いだけ説明します。

通常 tbl は転換(diversion)を使用し、表内で望ましくないブレイクを抑止しようとします。 これは、独自に転換を使用しているマクロパッケージ、例えばフットノートが 使用された場合などに、干渉する場合があります。 nokeep オプションは tbl に、こういったブレイクを使用させないようにします。

decimalpoint オプションはデフォルトのピリオドのかわりに小数点として認識される文字を 指定します。 これは tab オプションと同じように、括弧でくくられた一文字だけの引数をとります。

f フォーマット修飾子の後には、 括弧でくくられた任意の長さのフォント名を指定することができます。

縦書きエントリをレンジの下部に整列させるという意味を持つ d フォーマット修飾子があります。

表のカラム数にもテキストブロックの数にも制限はありません。 カラム幅の決定については、最初の 200 行だけではなく、 すべての行が考慮されます。 表の継続 (.T&) 行は最初の 200 行に制限されません。

数字と英字の項目を同じカラムに印字することもできます。

数字と英字の項目を水平方向にまたがらせることもできます。

tbl3 で始まる名前のレジスタ、文字列、マクロ、転換名を使用します。 tbl を使う際には 3 で始まる名前の使用は避けるべきです。  

バグ

複数ページにまたがる枠付き表を表示する場合、それをサポートしている マクロパッケージと .TS H/.TH を併用しなければなりません。 表の各ページの上部に表示されるべきヘッダが出ない場合、 そのフォーマットセクションの直後に .TH を置いて下さい。 複数ページの表を keep/release マクロで囲んだり、その他の方法で 迂回させないでください。

表中のテキストブロックは 1 ページに収まらなければなりません。

bp リクエストは複数ページの表でページブレイクを強制するために 使用することはできません。 bp のかわりに BP を以下のように定義して使用して下さい。

.de BP
.ie '\\n(.z'' .bp \\$1
.el \!.BP \\$1
..

表中で直接 \a を使用しても、リーダはうまく得られません。 これは正しい動作です: \a は 解釈されない リーダです。 リーダを得るためには、本物のリーダを使います。 それには control A か以下を使用する必要があります:

.ds a \a
.TS
tab(;);
lw(1i) l.
A\*a;B
.TE
 

関連項目

groff(1), troff(1)


 

Index

名称
書式
解説
オプション
使用法
バグ
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:20 GMT, March 14, 2017