本ページは FreeBSD jpman project (man-jp@jp.FreeBSD.org) より寄贈いただきました。

NROFF

Section: User Commands (1)
Updated: 26 April 2001
Index JM Home Page roff page
 

名称

nroff - groff による nroff コマンドのエミュレート  

書式


nroff-h ] [ -i ] [ -mname ] [ -nnum ] [ -olist ] [ -p ] [ -rcn ] [ -t ] [ -S ] [ -Tname ] [ -U ] [ -v ] [ file... ]
 

解説

nroff は、groff を用いて nroff をエミュレートするスクリプトです。 -T オプションには ascii, latin1, koi8-r, utf8, cp1047 のみが有効です。 無効なものを指定するか -T オプションを指定しないと、 nroff は現在のロケールを調べて、デフォルト出力デバイスを選択します。 まず、 locale プログラムを試し、次に環境変数 LC_ALL, LC_CTYPE, LANG を試し、最終的に LESSCHARSET 環境変数を見ます。

-h オプション は grotty への -h オプションと等価です (すなわちタブを出力に使用します)。 -i, -n, -m, -o, -r オプションは troff(1) に説明されている効果を持ちます。 -q, -s オプション ( troff には実装されていません) は無視され、エラーメッセージも表示されません。 オプション -p (pic), -t (tbl), -S (より安全) と -U (安全でない) は groff に渡されます。 -S がデフォルトで渡されます。 -v バージョン番号を表示します。  

環境変数

GROFF_BIN_PATH
コロン区切りのディレクトリリストで、PATH の前に、ここから groff 実行形式を探します。 これが設定されない場合、`/usr/bin' が使用されます。
 

このシェルスクリプトは、基本的には man(1) での使用を意図していますので、警告は抑制されます。 (ファイル tty-char.tmac 中の) nroff スタイルの文字定義もまた、 印字不可能なグリフをエミュレートするためにロードします。  

関連項目

groff(1), troff(1), grotty(1)


 

Index

名称
書式
解説
環境変数
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:19 GMT, March 14, 2018