本ページは FreeBSD jpman project (man-jp@jp.FreeBSD.org) より寄贈いただきました。

LKBIB

Section: User Commands (1)
Updated: 6 August 2001
Index JM Home Page roff page
 

名称

lkbib - 文献目録データベースを検索する  

書式

lkbib [ -v ] [ -ifields ] [ -pfilename ] [ -tn ] key...

コマンドラインオプションとパラメータの間に、空白を置くことが可能です。  

解説

lkbib は、 key... で指定されたキーを用いて文献目録データベースを検索し、 参考文献の形式で標準出力に出力します。 lkbib はまず -p オプションで指定された すべてのデータベースを検索し、それからデフォルトのデータベースを検索します。 デフォルトのデータベースには、環境変数 REFER が設定されていればそれが、設定されていなければ /usr/share/dict/papers/Ind が用いられます。指定したデータベースファイル名 filename に対応したインデックスファイル filename.i ( indxbib(1) により作成される ) が存在すれば、それが検索されます。インデックスは、 複数のデータベースを網羅している可能性があります。  

オプション

-v
バージョン番号を表示します。
-pfilename
filename を検索します。複数の -p オプションの指定が可能です。
-istring
インデックスを持たないファイルを検索する場合、 string に含まれる名前のフィールドの内容を無視します。
-tn
キーの先頭 n 文字が指定されればよいものとして扱います。 n の初期値は 6 です。
 

環境変数

REFER
デフォルトデータベース
 

関連ファイル

u+2n
/usr/share/dict/papers/Ind 環境変数 REFER が設定されていない場合のデフォルトのデータベース名。 filename.i インデックスファイル。
 

関連項目

refer(1), lookbib(1), indxbib(1)


 

Index

名称
書式
解説
オプション
環境変数
関連ファイル
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:20 GMT, March 14, 2017