本ページは FreeBSD jpman project (man-jp@jp.FreeBSD.org) より寄贈いただきました。

INDXBIB

Section: User Commands (1)
Updated: 6 August 2001
Index JM Home Page roff page
 

名称

indxbib - 文献目録データベース用の逆引きインデックスの作成  

書式


indxbib-vw ] [ -cfile ] [ -ddir ] [ -ffile ] [ -hn ] [ -istring ] [ -kn ] [ -ln ] [ -nn ] [ -ofile ] [ -tn ] [ filename... ]

コマンドラインオプションとパラメータの間に、空白を置くことが可能です。  

解説

indxbib は、 filename... で指定される文献目録データベースの逆引きインデックスを作成します。逆引きインデックスは refer(1) 、 lookbib(1) 、 lkbib(1) で利用されます。このインデックスのファイル名は filename.i となります(インデックスはいったんテンポラリファイルに書き込まれ、この 名前にリネームされます)。 -f オプションを使い、また -o オプションの指定もファイル名の指定もしなかった場合には、インデックスファイルは Ind.i という名前となります。

文献目録データベースは、空行によってレコードに分けられています。 レコード内では、各フィールドは、行頭にある % の文字で始まります。フィールドは、 % に続いた一文字の名前を持ちます。

-c-n-l 、および -t のオプションによって指定された値は、インデックスの中に格納されます。 インデックスを検索する時には、ユーザが指定する検索キーは、これらのオプションに 従って、捨てられたり切りつめられてしまいます。 しかし、インデックスを検索して見付かったレコードが、実際にユーザが指定した検索キーを 含んでいる、ということを確かめる場合には、検索キーには そのような修正は行われません。 これは、 ユーザが指定した検索キーのうち少なくとも1つが (-l オプション等によって捨てられることなく) インデックスに登録されており、 かつ検索キーのうちの少なくとも(-t オプションによって)切りつめられた部分を インデックスのユーザが指定できるならば、 これらのオプションがインデックス作成時に使われたかどうか、ユーザは気にする必要が ない、ということを意味します。 -i オプションによって指定された値もインデックス内に保存され、 インデックスを使った検索に適合するレコードがキーに適合するか否かを検証する時に使用します。  

オプション

-v
バージョン番号を表示します。
-w
ファイル全体に対してインデックスを作成します。 各々のファイルが、別々のレコードとなります。
-cfile
/usr/share/dict/eign の代わりに、 file から共通語の一覧を読み込みます。
-ddir
インデックスに格納する現在の作業ディレクトリのパスとして pwd(1) で表示されるパスの代わりに dir を使います。 通常、 dir は BR pwd (1) で表示されるディレクトリを差すシンボリックリンクとします。
-ffile
インデックスを作るファイルを file から読み込みます。 file- の場合には、ファイルは標準入力から読み込まれます。 -f オプションは1つまでしか使用できません。
-istring
フィールド名が string に含まれているフィールドの内容についてのインデックスは作成しません。 string の初期値は XYZ です。
-hn
ハッシュテーブルのサイズとして n 以上の素数を用います。 n を大きくすると検索は速くなりますが、インデックスは大きくなり、また indxbib はより多くのメモリを消費するようになります。 n の初期値は997です。
-kn
入力レコードに対する検索キーの数を、最大で n 個にします。 n の初期値は100です。
-ln
n 文字未満の検索キーを捨てます。 n の初期値は3です。
-nn
n 個の共通語を、ありふれたものから順に捨てます。 n の初期値は100です。
-obasename
インデックスの名前を basename.i とします。
-tn
検索キーを n 文字で切り捨てます。 n の初期値は6です。
 

関連ファイル

filename.i
インデックスです。
Ind.i
デフォルトのインデックス名です。
/usr/share/dict/eign
共通語の一覧です。
indxbibXXXXXX
テンポラリファイルです。
 

関連項目

refer(1), lkbib(1), lookbib(1)


 

Index

名称
書式
解説
オプション
関連ファイル
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:19 GMT, March 14, 2018