本ページは FreeBSD jpman project (man-jp@jp.FreeBSD.org) より寄贈いただきました。

GRN

Section: User Commands (1)
Updated: 6 August 2001
Index JM Home Page roff page
 

名称

grn - gremlin ファイル用 groff プリプロセッサ  

書式

grn [ -Cv ] [ -Tdev ] [ -Mdir ] [ -Fdir ] [ file... ]

コマンドラインオプションとパラメータの間に空白を含めることが可能です。  

解説

grn は、 groff の入力中に gremlin 図を入れるためのプリプロセッサです。 grn は、 .GS.GE の間にはさまれた入力行のみを処理し、標準出力に書き出します。 処理される行には grn コマンド (後述) が含まれていなくてはなりません。 これらのコマンドは、 gremlin ファイルを要求し、そのファイル中の図を変換し troff の入力ストリームに置きます。 .GS リクエストは、続けて C, L, R をとることができ、 gremlin 図全体を中央揃え、左揃え、あるいは右揃えにすることができます (デフォルトは中央揃えです)。 file が指定されていない場合は、標準入力が読み込まれます。 図の最後では、ページ内での位置は gremlin 図の下になります。 grn エントリが .GE ではなく .GF で終わっている場合は、ページ内での位置は図の左上になります。

現在のところ、-me マクロパッケージだけが .GS, .GE, .GF をサポートしていることに注意してください。

次のコマンドラインオプションを理解します:

-Tdev
プリンタ dev 用の出力を用意します。 デフォルトのデバイスは ps です。受け付け可能なデバイスについては groff(1) を参照してください。
-Mdir
dir を、 gremlin ファイルのデフォルト検索パスの前に追加します。 デフォルトパスは (順番に)、現在のディレクトリ、ホームディレクトリ、 /usr/share/tmac, /usr/share/tmac, /usr/share/tmac (訳注: 重複していますが原文通りです) です。
-Fdir
dir 中からサブディレクトリ devname (name はデバイス名です) を探し、通常の /usr/share/groff_font の前に読み込まれる DESC ファイルを探します。
-C
たとえ空白や改行以外の文字が後に続いていても .GS および .GE (およびこれに相応する .GF) を認識します。
-v
バージョン番号を表示します。
 

grn コマンド

.GS.GE にはさまれた入力行はそれぞれ 1 つずつ grn コマンドを持っています。 コマンドは、1 つの文字列か、空白で区切られた 2 つの文字列で できています。最初の文字列はコマンドであり、2 番目の文字列は オペランドです。 コマンドは大文字小文字どちらでも良く、1 文字までに縮めることもできます。

図の環境に影響を与えるコマンド (以降において default の前にリストされているもの) は、現在の図に対して のみ効果を持ちます。 次の図が始まると、環境はデフォルトで再初期化されます。 コマンドは次のとおりです:

N

N
N
N gremlin のテキストサイズ番号 1 (2, 3 または 4) を N ポイントに設定します。 デフォルトは 12 (16, 24, 36) です。
roman f
italics f
bold f
special f ローマン体 (イタリック体、ボールド体、あるいは特殊文字) の フォントを troff フォント f (フォント名あるいは番号) に設定します。 デフォルトは R (I, B, S) です。
f
stipple f スティプル (stipple) フォントを troff のスティプルフォント f (フォント名あるいは番号) に設定します。 コマンド stipple は、`st' までになら省略できます ( special との混乱を避けるためです)。 スティプルフォントにはデフォルトは ありません (default コマンドで設定されていない限りは)。 スティプルフォントを指定しないまま、ポリゴンを含んだ gremlin 図を取り込むことは不正です。
N
scale N (デフォルトの拡大処理に加えて) gremlin 図を N 倍に拡大します。ここで N は 0 より大きな浮動小数値です。 コマンド scale は、`sc' までになら省略できます。
narrow N
medium N
thick N 細線 (中間の太さの線、および太線) の太さを
0.15 ポイント (この値は、コンパイル時に変更できます) の N 倍に設定します。 デフォルトは 1.0 (3.0, 5.0) です。これは、0.15 ポイント (0.45 ポイントおよび 0.75 ポイント) に対応しています。 太さを表す値が 0 のときは、使用できる中で最も小さな値を 選択します。 負の値は、現在のポイントサイズに比例した、線の太さの指定になります。
pointscale <off/on>
テキストを図に合うようにスケーリングします。 gremlin テキストは、通常、図のスケールファクタによらず、 コマンド 123, あるいは 4 で指定されるポイントサイズで表示されます。 pointscale を設定すると、ポイントサイズが図に合わせて変更されます (もちろん、 troff の制限内で)。 off 以外のオペランドは何であっても テキストのスケーリングを有効にします。
default
デフォルトの図の環境を、現在の図の環境で、再設定します。 このオプションは、 troff 入力ファイルの先頭でグローバルパラメータを設定するメカニズムとして 使われることを意図していますが、デフォルト設定を再設定したいときは いつでも使うことができます。
width N
図を強制的に幅 N インチにします。 このオプションは、同じ図中に存在する他のスケールファクタに優先します。 `width 0' は、無視されます。
height N
他のスケールファクタに優先して、図を強制的に高さ N インチにします。 `width' と `height' 両方が指定されているときには、 図をより小さくする制約が図のスケールを決定します。 height および width コマンドは、 default コマンドでは保存はされません。 しかしながら、 ポイントサイズスケーリングが使用されている場合には、 これに対する影響はあります。
file name
カレントディレクトリ (あるいはライブラリディレクトリ。前述の -M オプションを参照してください) に置かれた gremlin ファイル name から図を取得します。 file コマンドが 2 つ与えられた場合、2 つめのコマンドが最初のコマンドに優先します。 name が存在しない場合は、エラーメッセージが報告され、 .GE 行から処理が再開されます。
 

groff に関しての注意

grn はプリプロセッサですので、現在のインデントやポイントサイズ、 余白や番号レジスタなどについては分かりません。 そのため、 .GS リクエストと .GE リクエストの間には troff への入力を置くことができません。 しかしながら、 gremlin テキストは現在 troff で処理されます。そのため、 gremlin テキスト行にある troff への入力行はどれも正しいものになります (ただし、 行頭に `.' ディレクティブを置くことは禁止されています)。 そのため、 gremlin ファイル中に 定義済みのデリミタ (例えば $$) で括った eqn 表記を埋め込むことによって、 gremlin 図の中に等式を書くことができます。

grn を他のプリプロセッサと一緒に使う場合、 tbl が仕事をしすぎないようにするために、 grn, pic, ideal よりも前に tbl を呼び出すのが最も良いやり方です。 eqn は必ず最後に起動させるべきです。

図はひとつのエンティティとみなされますが、 ページの末尾を越えてしまった場合、 troff は図を分割しようとしてしまいます。 -me マクロ中で図を `keeps' 中に置くことで 適切な位置決めができるようになります。

grntroff の番号レジスタ g1 から g9 までを使い、そして .GS リクエストを処理する前にレジスタ g1 および g2gremlin 図の幅および高さ (デバイス単位) を設定します (これらのマクロを書き直したいと思っている人たちのために そうしています)。  

gremlin ファイル形式

gremlin ファイル形式には 2 つの異なった形式があります。 AED グラフィック端末用バージョン由来のオリジナルの形式と SUN および X11 バージョンの形式です。 負の座標を用いた参照点を容認する SUN/X11 バージョンの拡張機能は、 AED バージョンとは互換性が ありませんgremlin ファイルに負の座標が含まれていない限りは、どちらの形式のファイルも gremlin あるいは grn で読み込むことができます。 他に SUN/X11 の形式が異なる点は、図のオブジェクトに対して番号を 使うのではなく、名前 (例えば、POLYGON, CURVE) を使うことです。 同じ図を表すファイルを、それぞれの形式について 表 1 に示します。

sungremlinfilegremlinfile
0 240.00 128.000 240.00 128.00
CENTCENT2
240.00 128.00240.00 128.00
185.00 120.00185.00 120.00
240.00 120.00240.00 120.00
296.00 120.00296.00 120.00
*-1.00 -1.00
2 32 3
10 A Triangle10 A Triangle
POLYGON6
224.00 416.00224.00 416.00
96.00 160.0096.00 160.00
384.00 160.00384.00 160.00
*-1.00 -1.00
5 15 1
00
-1-1

表 1. ファイル例

それぞれの gremlin ファイルの 1 行目は、 文字列 gremlinfile (AED バージョン) あるいは sungremlinfile (SUN/X11バージョン) のどちらかです。
ファイルの 2 行目には点の位置を決めるための、方向、 x および y の値が含まれており、各値は空白で区切られています。 方向は、 0 あるいは 1 をとり、 SUN/X11 バージョンでは無視されます。 0 は、 gremlin 図が水平方向の形式で表示されることを意味しています (描画領域の幅が実際の図の高さよりも広くとられ、 上部にメニューがつきます)。 1 は、 gremlin 図が垂直方向の形式で表示されることを意味しています (描画領域の高さが実際の図の幅よりも高くとられ、 左側にメニューがつきます)。 x および y は浮動小数値であり、このファイルが他のファイルに読み込まれる 際に、位置決め点を与えるために使用されます。 この行の要素は、それほど重要なものではありません。 ``1 0.00 0.00'' という値を推奨します。
このファイルの残りの部分は 0 個以上の要素を 記述したものになっています。 最後の要素を記述した後には、文字列 ``-1'' を持った行がきます。
 

要素の記述

各要素の最初の行には、要素タイプを与える 10 進数 (AED バージョンの場合) あるいは要素の ASCII 文字での名称 (SUN/X11 バージョンの場合) が 1 つ 含まれています。 表 2 を参照してください。

gremlin ファイルフォーマット - オブジェクトタイプの仕様
AED 番号SUN/X11 名称解説
0    BOTLEFT左下揃えのテキスト
1    BOTRIGHT右下揃えのテキスト
2    CENTCENT中央揃えのテキスト
3    VECTORベクトル
4    ARC円弧
5    CURVE曲線
6    POLYGONポリゴン
10    TOPLEFT左上揃えのテキスト
11    TOPCENT中央上揃えのテキスト
12    TOPRIGHT右上揃えのテキスト
13    CENTLEFT左中央揃えのテキスト
14    CENTRIGHT右中央揃えのテキスト
15    BOTCENT中央下揃えのテキスト

表 2.
gremlin ファイルにおける要素タイプの仕様

オブジェクトタイプの後には、可変数の行がきます。 各行は、オブジェクトの要素を表示するのに使われる点を指定します。 各行には、x 座標および y 座標が浮動小数値で入っており、 それぞれは空白文字で区切られています。 点のリストは、文字列 ``-1.0 -1.0'' を含んだ行 (AED バージョンの場合) あるいはアスタリスク ``*'' 1 個 (SUN/X11 バージョンの場合) で終わります。
点の後には、10 進数 2 個を含んだ行がきます。これは、 要素に対するブラシとサイズを与えます。 ブラシは、オブジェクトが描かれる際のスタイルを決定します。 ベクトル、円弧、および曲線については、ブラシの値として 6 個の正当な値があります:

1 -    細い点線
2 -    細い一点鎖線
3 -    太い直線
4 -    細い破線
5 -    細い直線
6 -    通常の直線

ポリゴンに対しては、さらに 0 も正当な値となります。 この値は、境界線の見えないポリゴンを指定するものです。 テキストに対しては、ブラシは次のようにフォントを選択します:

1 -    ローマン体 (groff での R フォント)
2 -    イタリック体 (groff での I フォント)
3 -    ボールド体 (groff での B フォント)
4 -    特殊文字 (groff での S フォント)

図を groff に通すために grn を使っている場合は、 ここでのフォントはただ開始時のフォントになるだけです: テキスト文字列には、 ``\fI'' や ``\d'' のような、フォントを変更し得る (他のこともする) フォーマット用シーケンスを含んでも構いません。 テキストでは、サイズフィールドは 1 から 4 までの 10 進数です。 これは、テキストが描画されるフォントサイズを選択します。 ポリゴンに対しては、このサイズフィールドはポリゴン内部を 埋めるために使われるスティプル番号と解釈されます。 この番号は、表示する際にスティプルフォントに置き換える インデックスとして使われます。

各要素の最終行には、10 進数と文字列が空白文字 1 つで 区切られて入っています。 10 進数は、文字列中の文字数をカウントしたものです。 この情報はテキスト要素に対してのみ使われ、 テキスト文字列が情報の中に含まれています。 テキスト内部には空白文字が入っていても良いです。 円弧、曲線、およびベクトルについては、それぞれの要素が対応する行には 文字列 ``0'' が入っています。
 

座標についての注意

gremlinAED 用に設計され、その座標系は AED の座標空間を反映したものになっています。 垂直方向の図に対しては、x 値は 116 から 511 までをとり、 y 値は 0 から 483 までをとります。 水平方向の図に対しては、 x 値は 0 から 511 までをとり、 y 値は 0 から 367 までをとります。 この範囲に必ずしもこだわることはありませんが、 少なくともこの近傍にとどめておけば最良の結果が 得られるでしょう。 さらに、点のリストは (-1, -1) で終わりますので、 負の座標を使うことはできません。 gremlin 図は、``%f1.2'' という形式を使って座標を出力します。 ですので、 grn コードを変更したい場合には同じ形式を用いるのが おそらくは良い考えでしょう。  

SUN/X11 バージョンの座標についての注意

SUN/X11 バージョンの gremlin 図では、オブジェクト生成に用いられる座標の範囲に 制限はもうありません。 しかし、負の座標を持ったファイルでは、 AED 上で表示させようとすると問題が 発生するでしょう 

関連ファイル

u+3n
/usr/share/groff_font/devname/DESC デバイス name 用のデバイス定義ファイル
 

関連項目

gremlin(1), groff(1), pic(1), ideal(1)  

歴史

David Slattengren と Barry Roitblat がオリジナルの Berkeley 版 grn を書きました。

Daniel Senderowicz と Werner Lemberg が groff 用に書き直しました。


 

Index

名称
書式
解説
grn コマンド
groff に関しての注意
gremlin ファイル形式
要素の記述
座標についての注意
SUN/X11 バージョンの座標についての注意
関連ファイル
関連項目
歴史

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:20 GMT, March 14, 2017