GCORE

Section: GNU Development Tools (1)
Updated: 2022-01-16
Index JM Home Page roff page
 

名前

gcore - 実行プログラムのコアファイルを生成する  

書式

gcore [-a] [-o prefix] pid1 [pid2...pidN]  

説明

1 つまたは複数の実行プログラムのプロセス ID pid1, pid2 などを使って、 コアダンプを生成します。 gcore から生成される 1 つのコアファイルは、 プロセスがクラッシュしたときに (そして "ulimit -c" を用いて、適切にコアダンプ制限が設定されているときに) カーネルが生成するものと同じです。 ただし、クラッシュ後に生成されるものとは違って、 gcore が処理を終えた後は、そのプログラムは何も変更なく動作し続けます。  

オプション

-a
メモリマッピングをすべてダンプします。 このオプションが実際にどのように効果を発揮するかは、オペレーティングシステムによります。 GNU/Linux の場合、 "use-coredump-filter" が無効となり、 "dump-excluded-mappings" が有効となります。
-o prefix
任意の引数 prefix を指定すると、コアダンプのファイル名を定める際のプレフィックスとして、その値が用いられます。 ファイル名は prefix.pid として構成されます。 この場合の pid は、 gcore が解析している実行プログラムのプロセス ID です。 これが指定されたなかった場合、 prefix のデフォルト値は gcore です。
 

関連項目

GDB の完全なドキュメントは Texinfo マニュアルとしてメンテナンスされています。"info""gdb" の両プログラム、および GDB の Texinfo ドキュメントが適切にインストールされていれば、以下のコマンド

 info gdb

を実行して完全なマニュアルを参照できます。

Using GDB: A Guide to the GNU Source-Level Debugger, Richard M. Stallman and Roland H. Pesch, July 1991.  

著作権

Copyright (c) 1988-2022 Free Software Foundation, Inc.

Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.3 or any later version published by the Free Software Foundation; with the Invariant Sections being ``Free Software'' and ``Free Software Needs Free Documentation'', with the Front-Cover Texts being ``A GNU Manual,'' and with the Back-Cover Texts as in (a) below.

(a) FSF の裏表紙には、 以下の文章が記述されています: ``You are free to copy and modify this GNU Manual. Buying copies from GNU Press supports the FSF in developing GNU and promoting software freedom.''


 

Index

名前
書式
説明
オプション
関連項目
著作権

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 09:33:24 GMT, July 04, 2022