MT

Section: Misc. Reference Manual Pages (1L)
Index JM Home Page roff page
 

名前

mt - 磁気テープドライブの操作を制御する  

書式

mt [-V] [-f device] [--file=device] [--rsh-command=command] [--version] operation [count]  

説明

このマニュアルページは GNU 版の mt について説明している。 mt はテープドライブに対して、指示された操作 operation を行う。 この操作は、以下に列挙されているテープ操作のうちのいずれかでなければならない。

デフォルトで操作対象となるテープデバイスは、 mt がコンパイルされる際にファイル /usr/include/sys/mtio.h から取得される。環境変数 TAPE でデバイスファイル名を指定したり、コマンドラインオプション (下記参照) を使うことで、これを変更することができる。コマンドラインオプションは環境変数より優先される。

デバイスは、キャラクタースペシャルファイルか、リモートテープドライブでなければならない。他のマシンののテープドライブをアーカイブとして使うには、`HOSTNAME:' で始まるファイル名を使うこと。リモートテープドライブに特定のユーザーでアクセスできる場合 (通常は、そのユーザーの `~/.rhosts' ファイルにエントリがある場合が多い)、ホスト名の前にユーザ名と `@' を置くことで、そのユーザでリモートのテープドライブにアクセスできる。

指定できる操作を以下のリストに示す。他の操作と重ならない範囲で省略形も使える。あらゆるシステムとあらゆるタイプのテープドライブで、すべての操作が可能であるとは限らない。オプションとして繰り返し回数を指定できる操作もある。回数は操作名の後に指定でき、デフォルトは 1 回である。

eof, weof
現在の位置に count で指定された数の EOF マークを書き込む。
fsf
count で指定された数のファイル分だけ進める。 テープの位置は次のファイルの第 1 ブロックになる。
bsf
count で指定された数のファイル分だけ戻す。 テープの位置は次のファイルの第 1 ブロックになる。
fsr
count で指定された数のレコード分だけ進める。
bsr
count で指定された数のレコード分だけ戻す。
bsfm
count で指定された数のファイルマーク分だけ戻す。 テープの位置はファイルマークのテープ先頭側になる。
fsfm
count で指定された数のファイルマーク分だけ進める。 テープの位置はファイルマークのテープ先頭側になる。
asf
絶対ファイル番号 count に進める。 巻き戻してから fsf count とした場合と同じ。
seek
ブロック番号 count に進める。
eom
(テープにファイルを追加するために) テープ上の記録済み領域の末尾に移動する。
rewind
テープを巻き戻す。
offline, rewoffl
テープを巻き戻し、可能であればアンロードする。
status
テープユニットの状態についての情報を表示する。
retension
テープを巻き戻した後、リールの最後まで進め、 さらにもう一度巻き戻す。
erase
テープを消去する。

mt は操作が成功した場合、状態 0 で終了する。 指示された操作またはデバイス名が無効な場合、状態 1 で終了する。 操作が失敗した場合、状態 2 で終了する。  

オプション

-f, --file=device
ファイル名が device のテープドライブを操作対象とする。他のマシンののテープドライブをアーカイブとして使うには、`HOSTNAME:' で始まるファイル名を使うこと。リモートテープドライブに特定のユーザーでアクセスできる場合 (通常は、そのユーザーの `~/.rhosts' ファイルにエントリがある場合が多い)、ホスト名の前にユーザ名と `@' を置くことで、そのユーザでリモートのテープドライブにアクセスできる。
--rsh-command=command
リモートマシンにあるデバイスと通信する際に /usr/bin/ssh/usr/bin/rsh ではなく command を使用する。
-V, --version
mt のバージョン番号を表示する。


 

Index

名前
書式
説明
オプション

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:19 GMT, March 14, 2017