UNIQ

Section: ユーザーコマンド (1)
Updated: 2016年2月
Index JM Home Page roff page
 

名前

uniq - 繰り返し行の出力や削除を行う  

書式

uniq [OPTION]... [INPUT [OUTPUT]]  

説明

INPUT (または標準入力) から行を読み込み、 連続する同じ行を取り除いて、OUTPUT (または標準出力) に出力します。

オプションが指定されない場合、連続する同じ行は最初に見つけた行にまとめられます。

長いオプションで必須となっている引数は短いオプションでも必須です。

-c, --count
行の前に出現回数を出力する
-d, --repeated
重複した行のみ出力する。出力はグループ毎に 1 回行われる
-D
重複する行を全て出力する
--all-repeated[=METHOD] -D と同様ですが、重複行のグループの区切り方法を指定できる
METHOD={none(デフォルト),prepend,separate}
-f, --skip-fields=N
最初の N 個のフィールドを比較しない
--group[=METHOD]
すべての行を表示し、グループ間に区切りとして空行が置かれる METHOD={separate(デフォルト),prepend,append,both}
-i, --ignore-case
比較時に大文字と小文字の違いを無視する
-s, --skip-chars=N
最初の N 文字を比較しない
-u, --unique
重複していない行のみ出力する
-z, --zero-terminated
行の区切りとして改行文字ではなく NUL を使用する
-w, --check-chars=N
行の比較を最初の N 文字で行う
--help
この使い方を表示して終了する
--version
バージョン情報を表示して終了する

フィールドとは空白 (通常はスペース、タブ、その両方) が一つ以上連続し、 その後に空白以外の文字が続いているものです。 文字の前のフィールドはスキップされます。

備考: 'uniq' は隣接してない限り重複した行を検出しません。 最初に入力をソートしてください。または 'uniq' を使用せず 'sort -u' を使用することもできます。 また、比較の優先順位は 'LC_COLLATE' で指定された規則に基づきます。

GNU coreutils のオンラインヘルプ: <http://www.gnu.org/software/coreutils/> uniq の翻訳に関するバグは <http://translationproject.org/team/ja.html> に連絡してください。 完全な文書は <http://www.gnu.org/software/coreutils/uniq> にあります。 ローカルでは info '(coreutils) uniq invocation' で参照できます。  

作者

作者 Richard M. Stallman および David MacKenzie。  

著作権

Copyright © 2016 Free Software Foundation, Inc. ライセンス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.  

関連項目

comm(1), join(1), sort(1)

uniq の完全なマニュアルは Texinfo マニュアルとして整備されている。もし、 info および uniq のプログラムが正しくインストールされているならば、コマンド

info uniq

を使用すると完全なマニュアルを読むことができるはずだ。


 

Index

名前
書式
説明
作者
著作権
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:19 GMT, March 14, 2017