TR

Section: ユーザーコマンド (1)
Updated: 2016年2月
Index JM Home Page roff page
 

名前

tr - 文字の変換や削除を行う  

書式

tr [OPTION]... SET1 [SET2]  

説明

標準入力から読み込んだ文字を置換、切り詰め、削除し、標準出力に書き込みます。

-c, --complement
SET1 の補集合を使用する
-d, --delete
SET1 中の文字を削除する。置換は行わない
-s, --squeeze-repeats
入力の中に SET1 に含まれる文字が連続して存在する 場合に 1 個に置換する
-t, --truncate-set1
最初に SET1 を SET2 の長さまで切り詰める
--help
この使い方を表示して終了する
--version
バージョン情報を表示して終了する

SET は文字列によって指定します。多くの場合その文字自身を表現します。 解釈のされ方は以下の通りです:

\NNN
文字の 8 進数表現(1 から 3 個の 8 進数)
\\
バックスラッシュ
\a
ベル
\b
バックスペース
\f
フォームフィード
\n
改行
\r
復帰
\t
水平タブ
\v
垂直タブ
CHAR1-CHAR2
CHAR1 から CHAR2 までを昇順に展開した文字列
[CHAR1-CHAR2]
SET1 と SET2 の両方で指定した場合には CHAR1-CHAR2 と同じ
[CHAR*]
SET2 として, CHAR を SET1 の長さ分展開した文字列
[CHAR*REPEAT]
CHAR を REPEAT 個展開した文字列, REPEAT の値を 0 から
始めた場合には 8 進数として解釈する
[:alnum:]
全てのアルファベットと数字
[:alpha:]
全てのアルファベット
[:blank:]
全ての水平方向空白類文字
[:cntrl:]
全ての制御文字
[:digit:]
全ての数字
[:graph:]
全ての表示可能文字。空白は含まない
[:lower:]
全ての小文字アルファベット
[:print:]
全ての表示可能文字。空白も含む
[:punct:]
全ての句読点
[:space:]
全ての水平及び垂直タブ文字
[:upper:]
全ての大文字アルファベット
[:xdigit:]
全ての 16 進数数値
[=CHAR=]
全ての CHAR と等価な文字

置換が行われるのは、 -d が指定されず、 SET1 および SET2 の両方が指定された場合です。 -t は置換の時のみ使用されます。SET2 は必要に応じて SET1 の長さまで 拡張されます。その場合は SET1 の最後の文字が使用されます。 SET2 の SET1 より長い部分の文字は無視されます。 [:lower:] と [:upper:] の場合のみ、昇順で拡張されることが保証されます。 置換時に SET2 で [:lower:] と [:upper:] を使用できるのは、 大文字・小文字の変換を行うように対で使用する場合だけです。 指定する時のみに組み合わせとして使用されます。 -s では最後に指定された SET が置換に使用され、 -s は置換と削除が行われた後に行われます。

GNU coreutils のオンラインヘルプ: <http://www.gnu.org/software/coreutils/> tr の翻訳に関するバグは <http://translationproject.org/team/ja.html> に連絡してください。 完全な文書は <http://www.gnu.org/software/coreutils/tr> にあります。 ローカルでは info '(coreutils) tr invocation' で参照できます。  

作者

作者 Jim Meyering。  

著作権

Copyright © 2016 Free Software Foundation, Inc. ライセンス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.  

関連項目

tr の完全なマニュアルは Texinfo マニュアルとして整備されている。もし、 info および tr のプログラムが正しくインストールされているならば、コマンド
info tr

を使用すると完全なマニュアルを読むことができるはずだ。


 

Index

名前
書式
説明
作者
著作権
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 03:33:19 GMT, March 14, 2018