TIMEOUT

Section: ユーザーコマンド (1)
Updated: 2016年2月
Index JM Home Page roff page
 

名前

timeout - 時間制限付きでコマンドを実行する  

書式

timeout [OPTION] DURATION COMMAND [ARG]...
timeout [OPTION]  

説明

COMMAND を開始し、DURATION 経過後も実行中の場合は終了させます。

長いオプションで必須となっている引数は短いオプションでも必須です。

--preserve-status
コマンドがタイムアウトした場合であっても、
COMMAND の終了ステータスを返す
--foreground
timeout がシェルプロンプトから直接実行されていない場合、COMMAND が TTY から読み込みを行い、TTY シグナルを受信できるようにする。 このモードでは COMMAND の子プロセスはタイムアウトしない。
-k, --kill-after=DURATION
最初にシグナルを送ってから DURATION を経過しても COMMAND がまだ動作している場合は KILL シグナルを送る。
-s, --signal=SIGNAL
タイムアウト時に送るシグナルを指定する。SIGNAL には 'HUP' のようなシグナル名かシングル番号を使用する。 シグナル一覧については 'kill -l' を参照
--help
この使い方を表示して終了する
--version
バージョン情報を表示して終了する

DURATION は浮動小数点数で指定し、追加で次の接尾辞を指定できます: 秒を表す 's' (デフォルト)、分を表す 'm'、時間を表す 'h'、日を表す 'd'。

コマンドがタイムアウトした場合で、かつ --preserve-status が設定されていない場合、 終了ステータスは 124 になります。 それ以外の場合、COMMAND の終了ステータスが終了ステータスになります。 シグナルが指定されていない場合、タイムアウト時には TERM シグナルが送られます。 この TERM シグナルにより、TERM シグナルをブロックもしくは捕捉していない プロセスは、すべて終了されます。 場合によっては KILL (9) シグナルを使う必要があります (KILL シグナルは捕捉することができません)。 KILL (9) シングルが送信された場合は、終了ステータスは 124 ではなく 128+9 になります。

GNU coreutils のオンラインヘルプ: <http://www.gnu.org/software/coreutils/> timeout の翻訳に関するバグは <http://translationproject.org/team/ja.html> に連絡してください。 完全な文書は <http://www.gnu.org/software/coreutils/timeout> にあります。 ローカルでは info '(coreutils) timeout invocation' で参照できます。  

バグ

いくつかのプラットフォームでは、 2038 年を越えるタイムアウトに対応していません。  

作者

作者 Pádraig Brady。  

著作権

Copyright © 2016 Free Software Foundation, Inc. ライセンス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.  

関連項目

kill(1)

timeout の完全なマニュアルは Texinfo マニュアルとして整備されている。もし、 info および timeout のプログラムが正しくインストールされているならば、コマンド

info timeout

を使用すると完全なマニュアルを読むことができるはずだ。


 

Index

名前
書式
説明
バグ
作者
著作権
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:19 GMT, March 14, 2017