TAIL

Section: ユーザーコマンド (1)
Updated: 2016年2月
Index JM Home Page roff page
 

名前

tail - ファイルの最後の部分を出力する  

書式

tail [オプション]... [ファイル]...  

説明

各 FILE の最後の 10 行を標準出力に書き出します。複数の FILE が指定され た場合、ファイル名がヘッダ情報として出力されます。

ファイルの指定がなかったり、 - であった場合, 標準入力から読み込みます。

長いオプションで必須となっている引数は短いオプションでも必須です。

-c, --bytes=[+]NUM
最後の NUM バイトを出力する。 -c +NUM の場合は、 各ファイルの先頭から NUM 番目のバイト以降を出力する
-f, --follow[={name|descriptor}]
ファイルが大きくなるのに合わせて追加されたデータを出力する。 オプションの引数が指定されなかった場合は 'descriptor' になる
-F --follow=name --retry と等価
-n, --lines=[+]NUM
最後の 10 行ではなく NUM 行を出力する。 -n +NUM の場合は、先頭から K 行目以降を出力する
--max-unchanged-stats=N
--follow=name と併せて使用し、N 回 (デフォルトでは 5 回)
stat を繰り返してもファイルサイズが変わっていない場合は、 ファイルの削除や名前の変更が行われていないかを確認するために FILE を再オープンする (ログファイルがローテートされた時には 通常このような状態になります)。 inotify と併せて使う場合、 このオプションが役に立つことはほとんどない
--pid=PID -f と併せて使用し、プロセス ID が PID のプロセスが
終了すると終了する
-q, --quiet, --silent
指定したファイル名を示すヘッダを出力しない
--retry
ファイルがアクセスできない場合に、ファイルのオープンを 継続して試みる。
-s, --sleep-interval=N -f と併せて使用し、繰り返しの間隔を約 N 秒
(デフォルト: 1.0 秒) に設定する。 inotify および --pid=P と併せて使用した場合、 最低 N 秒間に 1 回、プロセス P の確認を行う。
-v, --verbose
ファイル名を示すヘッダを常に出力する
-z, --zero-terminated
行の区切りを改行でなく NUL にする
--help
この使い方を表示して終了する
--version
バージョン情報を表示して終了する

NUM には以下の倍数接尾子を続けることが出来ます: b 512, kB 1000, K 1024, MB 1000*1000, M 1024*1024, GB 1000*1000*1000, G =1024*1024*1024 で T、P、E、Z、Y についても同様です。

--follow (-f) を使用すると、tail はデフォルトでファイル記述子を追跡します。 このため tail で追跡しているファイルの名前が変更されたとしても、 tail は 元のファイルの終端を追跡し続けます。このデフォルトの動作はファイル記述子 ではなく、実際にある名前を持つファイルを追跡する場合には望ましくありませ ん (例: ログのローテーションなど)。そのような場合には --follow=name を使 用してください。これにより名前の変更、削除、作成などにあわせて名前のついた ファイルの末尾を追跡するようになります。

GNU coreutils のオンラインヘルプ: <http://www.gnu.org/software/coreutils/> tail の翻訳に関するバグは <http://translationproject.org/team/ja.html> に連絡してください。 完全な文書は <http://www.gnu.org/software/coreutils/tail> にあります。 ローカルでは info '(coreutils) tail invocation' で参照できます。  

SEE ALSO

head(1)  

作者

作者 Paul Rubin、 David MacKenzie、 Ian Lance Taylor、 および Jim Meyering。  

著作権

Copyright © 2016 Free Software Foundation, Inc. ライセンス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.  

関連項目

tail の完全なマニュアルは Texinfo マニュアルとして整備されている。もし、 info および tail のプログラムが正しくインストールされているならば、コマンド
info tail

を使用すると完全なマニュアルを読むことができるはずだ。


 

Index

名前
書式
説明
SEE ALSO
作者
著作権
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:19 GMT, March 14, 2017