STTY

Section: ユーザーコマンド (1)
Updated: 2016年2月
Index JM Home Page roff page
 

名前

stty - 端末の行設定の変更や表示を行う  

書式

stty [-F DEVICE | --file=DEVICE] [SETTING]...
stty [-F DEVICE | --file=DEVICE] [-a|--all]
stty [-F DEVICE | --file=DEVICE] [-g|--save]  

説明

端末設定の表示や変更を行います。

長いオプションで必須となっている引数は短いオプションでも必須です。 端末設定の表示、または変更を行います。

-a, --all
現在のすべての設定を人間に読める形式で出力する
-g, --save
現在のすべての設定を stty が解釈できる形式で出力する
-F, --file=DEVICE
標準入力の代わりに DEVICE で指定されたデバイスをオープン、使用する
--help
この使い方を表示して終了する
--version
バージョン情報を表示して終了する

設定の前に - を付けると、否定を表します。 * (アスタリスク) 表示は POSIX に規定されていない設定を表します。使用しているシステムによって利用可能な設定 が決まります。  

特殊文字:

* discard CHAR
CHAR は出力の破棄のオンオフを切り替える
eof CHAR
CHAR はファイル終端を送信する (入力の終了)
eol CHAR
CHAR は行を終端する
* eol2 CHAR
行末を示す別の CHAR
erase CHAR
CHAR は最後にタイプされた文字を削除
intr CHAR
CHAR は割り込みシグナルを送信
kill CHAR
CHAR は現在の行を削除
* lnext CHAR
CHAR は引用された次の文字を入力
quit CHAR
CHAR は終了シグナルを送信
* rprnt CHAR
CHAR は現在の行を再表示
start CHAR
CHAR は停止している出力を再開
stop CHAR
CHAR 出力を停止
susp CHAR
CHAR は端末停止シグナルを送信
* swtch CHAR
CHAR は別のシェル層に切り替え
* werase CHAR
CHAR は最後にタイプされた単語を削除
 

特殊設定:

N
入出力の速度を N ボーに設定
* cols N
ターミナルが N 桁であることをカーネルに通知
* columns N
cols N と同じ
* [-]drain
設定を適用するまで送信を待つ (デフォルトはオン)
ispeed N
入力速度を N に設定
* line N
回線制御規則 N を使用
min N
-icanon と共に使い, 完全な読込みに対して最低 N 文字を設定
ospeed N
出力速度を N に設定
* rows N
タームなるが N 行であることをカーネルに通知
* size
カーネルに対応した行数と桁数を表示
speed
端末速度を表示
time N
-icanon と共に使い, 読込みのタイムアウトを 10 分の N 秒に設定
 

制御設定:

[-]clocal
モデム制御信号を無効に
[-]cread
入力の受信を許可
* [-]crtscts
RTS/CTS フロー制御を有効にする
csN
キャラクターサイズを N ビットにする。 N は [5..8]
[-]cstopb
1 文字あたり 2 ストップビットを使用 ('-' 付きの場合は 1)
[-]hup
最後のプロセスが tty を閉じたらハングアップシグナルを送る
[-]hupcl
[-]hup と同じ
[-]parenb
出力でパリティビットを生成し, 入力ではパリティビットがあると期待する
[-]parodd
奇数パリティに設定する ('-'付きの場合は偶数パリティ)
* [-]cmspar
"stick" (mark/space) パリティを使用する
 

入力設定:

[-]brkint
ブレイクで割り込みシグナルを発生
[-]icrnl
復帰 (CR) を改行 (LF) に翻訳
[-]ignbrk
ブレイク文字を無視
[-]igncr
復帰 (CR) を無視
[-]ignpar
パリティーエラーのある文字を無視
* [-]imaxbel
発信音を鳴らし, 文字に全入力バッファをはき出しを行わない
[-]inlcr
改行 (LF) を復帰 (CR) に変換する
[-]inpck
入力パリティのチェックを可能に
[-]istrip
入力文字の最上位 (第8) ビットを落とす
* [-]iutf8
入力文字を UTF-8 と見なす
* [-]iuclc
大文字を小文字に変換する
* [-]ixany
開始文字だけでなく, 任意の文字で出力を再開
[-]ixoff
開始および停止文字の送信を可能に
[-]ixon
XON/XOFF フロー制御を可能に
[-]parmrk
パリティーエラーをマーク (255-0 文字のシーケンスで)
[-]tandem
[-]ixoff と同じ
 

出力設定:

* bsN
バックスペースの遅延スタイル. N の範囲は [0..1]
* crN
復帰 (CR) 遅延スタイル. N の範囲は [0..3]
* ffN
用紙送り遅延スタイル. N の範囲は [0..1]
* nlN
改行 (NL) 遅延スタイル. N の範囲は [0..1]
* [-]ocrnl
復帰 (CR) を改行 (LF) に翻訳する
* [-]ofdel
充填文字として NUL 文字の代わりに DEL 文字を使用する
* [-]ofill
遅延でタイミングを取る代わりに充填文字 (fill; padding) を使う
* [-]olcuc
小文字を大文字に変換する
* [-]onlcr
改行 (LF) を復帰改行 (CR\-LF) に変換する
* [-]onlret
改行 (LF) が復帰 (CR) として動作する
* [-]onocr
1 桁目の復帰 (CR) を表示しない
[-]opost
出力に対して後処理を行う
* tabN
水平タブ遅延スタイル. N は [0..3]
* tabs
tab0 と同じ
* -tabs
tab3 と同じ
* vtN
垂直タブ遅延スタイル. N は [0..1]
 

ローカル設定:

[-]crterase
backspace-space-backspace として削除文字をエコー
* crtkill
echoprt と echoe の設定にしたがって全ての行を削除
* -crtkill
echoctl と echok の設定にしたがって全ての行を削除
* [-]ctlecho
ハット記法 ('^c') で制御文字をエコー
[-]echo
入力文字をエコー
* [-]echoctl
[-]ctlecho と同じ
[-]echoe
[-]crterase と同じ
[-]echok
kill 文字の後に改行をエコー
* [-]echoke
[-]crtkill と同じ
[-]echonl
他の文字をエコーしない場合でも改行をエコー
* [-]echoprt
'\' と '/' の間で、削除された文字を逆順にエコー
* [-]extproc
"LINEMODE" を有効にする。高遅延のリンクの場合に有用
* [-]flusho
出力を破棄する
[-]icanon
特殊文字 erase, kill, werase, rprnt を有効にする
[-]iexten
非 POSIX の特殊文字を有効にする
[-]isig
特殊文字 割り込み (interrupt), 終了 (quit)
および中断 (suspend) を使用可能にする
[-]noflsh
特殊文字 割り込み (interrupt) と終了 (quit) の後の出力フラッシュを無効に
* [-]prterase
[-]echoprt と同じ
* [-]tostop
端末に書き込みを試みたバックグラウンドジョブを停止
* [-]xcase
icanon とともに使用し、大文字に対して '\' でエスケープ
 

組合せ設定:

* [-]LCASE
[-]lcase と同じ
cbreak
-icanon と同じ
-cbreak
icanon と同じ
cooked
brkint ignpar istrip icrnl ixon opost isig icanon と同じ。 eof および eol 文字は標準の値になる
-cooked
raw と同じ
crt
echoe echoctl echoke と同じ
dec
echoe echoctl echoke -ixany intr ^c erase 0177 kill ^u と同じ
* [-]decctlq
[-]ixany と同じ
ek
erase と kill 文字を標準の値にする
evenp
parenb -parodd cs7 と同じ
-evenp -parenb cs8 と同じ
* [-]lcase
xcase iuclc olcuc と同じ
litout
-parenb -istrip -opost cs8 と同じ
-litout
parenb istrip opost cs7 と同じ
nl
-icrnl -onlcr と同じ
-nl
icrnl -inlcr -igncr onlcr -ocrnl -onlret と同じ
oddp
parenb parodd cs7 と同じ
-oddp -parenb cs8 と同じ
[-]parity
[-]evenp と同じ
pass8
-parenb -istrip cs8 と同じ
-pass8
parenb istrip cs7 と同じ
raw
-ignbrk -brkint -ignpar -parmrk -inpck -istrip -inlcr -igncr -icrnl -ixon -ixoff -icanon -opost -isig -iuclc -ixany -imaxbel -xcase min 1 time 0 と同じ
-raw
cooked と同じ
sane
cread -ignbrk brkint -inlcr -igncr icrnl icanon iexten echo echoe echok -echonl -noflsh -ixoff -iutf8 -iuclc -ixany imaxbel -xcase -olcuc -ocrnl opost -ofill onlcr -onocr -onlret nl0 cr0 tab0 bs0 vt0 ff0 isig -tostop -ofdel -echoprt echoctl echoke -extproc -flusho と同じ。 全ての特殊文字は標準の値になる

標準入力とつながった端末を制御します。引数を指定しない場合、 ボーレート、回線制御規則および stty sane からのずれを表示します。 設定の際には、 CHAR は文字通りに扱われるか、 ^c, 0x37, 0177 または 127 のようにコード化されます。特別な値 ^- または undef は特殊文字を無効に するのに使用されます。

GNU coreutils のオンラインヘルプ: <http://www.gnu.org/software/coreutils/> stty の翻訳に関するバグは <http://translationproject.org/team/ja.html> に連絡してください。 完全な文書は <http://www.gnu.org/software/coreutils/stty> にあります。 ローカルでは info '(coreutils) stty invocation' で参照できます。  

作者

作者 David MacKenzie。  

著作権

Copyright © 2016 Free Software Foundation, Inc. ライセンス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.  

関連項目

stty の完全なマニュアルは Texinfo マニュアルとして整備されている。もし、 info および stty のプログラムが正しくインストールされているならば、コマンド
info stty

を使用すると完全なマニュアルを読むことができるはずだ。


 

Index

名前
書式
説明
特殊文字:
特殊設定:
制御設定:
入力設定:
出力設定:
ローカル設定:
組合せ設定:
作者
著作権
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:19 GMT, March 14, 2017