SORT

Section: ユーザーコマンド (1)
Updated: 2016年2月
Index JM Home Page roff page
 

名前

sort - テキストファイルの行の並び替えを行う  

書式

sort [OPTION]... [FILE]...
sort [OPTION]... --files0-from=F  

説明

指定されたすべてのファイルの内容をソートして標準出力に書き込みます。

ファイルの指定がなかったり、 - であった場合, 標準入力から読み込みます。

長いオプションで必須となっている引数は短いオプションでも必須です。 並び替えオプション:

-b, --ignore-leading-blanks
先頭の空白を無視する
-d, --dictionary-order
空白および英数字のみ含まれていると仮定する
-f, --ignore-case
大文字・小文字を区別しない
-g, --general-numeric-sort
一般的な数値として比較を行う
-i, --ignore-nonprinting
表示可能な文字のみ比較を行う
-M, --month-sort
月名でソートする。(不明) < 'JAN' < ... < 'DEC' の順
-h, --human-numeric-sort
人間が読むことができる形式の数値を比較する (例: 2K 1G)
-n, --numeric-sort
文字列を数値とみなして比較する
-R, --random-sort
シャッフルする。但し、同じキーはグルーピングされる。 shuf(1) 参照。
--random-source=FILE
ランダムなバイトを FILE から取得する
-r, --reverse
比較結果を逆順にする
--sort=WORD
WORD に応じてソートする。WORD の候補は次の通り: general-numeric -g, human-numeric -h, month -M, numeric -n, random -R, version -V
-V, --version-sort
自然な (バージョン) 数字順でソートする

そのほかのオプション:

--batch-size=NMERGE
一度に最大 NMERGE 行、併合を行う。それ以上の場合 は一時ファイルが使用される
-c, --check, --check=diagnose-first
入力がソートされているかを確認する。ソート は行わない
-C, --check=quiet, --check=silent -c と同様だが、正しくソートされていない最初
の行を出力しない
--compress-program=PROG
PROG を使用して一時ファイルを圧縮し、PROG -d を 使用して展開する
--debug
ソートに使用されている行の一部に注釈をつけて、不確かな 使用方法について標準エラー出力に警告を表示する
--files0-from=F
ファイル F に含まれた NULL 文字で区切られた文字列を ファイル名として扱い、それらのファイルの中身を入力行 として読み込む。ファイル F に - を指定した時は、ファ イル名を標準入力から読み込む
-k, --key=KEYDEF
指定されたキーでソートする。KEYDEF では場所と並び替え種別を指定する
-m, --merge
ソートされたファイルを併合する。ソート自体は行わない
-o, --output=FILE
結果を標準出力の代わりに FILE に書き込む
-s, --stable
前の比較結果に頼らない安定的な並び替えを行う
-S, --buffer-size=SIZE
主記憶のバッファの大きさとして SIZE を使用する
-t, --field-separator=SEP フィールド区切り文字として空白の代わりに SEP を使用する
-T, --temporary-directory=DIR
一時ディレクトリとして $TMPDIR または /tmp ではなく
DIR を使用する。オプションを複数指定すると、複数のディ レクトリを指定できる
--parallel=N
同時に実行するソートの数を N に変更する
-u, --unique -c と併せて使用した場合、厳密に順序を確認する。-c を付け
ずに使用した場合、最初の同一行のみ出力する
-z, --zero-terminated
行の区切りとして改行文字ではなく NUL を使用する
--help
この使い方を表示して終了する
--version
バージョン情報を表示して終了する

KEYDEF は F[.C][OPTS][,F[.C][OPTS]] の書式で、開始位置と停止位置を指定します。 F はフィールド番号で、 C はフィールド内の文字位置です。両方とも開始番号は 1 です。 停止位置はデフォルトでは行末です。-t と -b の両方とも指定がない場合、 フィールド内の文字は、前にある空白の開始から数えられます。 OPTS には、1 文字の並び替えオプション [bdfgiMhnRrV] を一つ以上指定します。 OPTS で指定されたキーの並び替えオプションは、グローバルな並び替えオプション より優先されます。キーが指定されない場合、行全体がキーとして使用されます。 正しくないキーの使用を突き止めるには --debug を使ってください。

SIZE には以下の倍数などを指定する接尾辞を続けることが出来ます: % はメモリの何 % を使用するか。b は 1倍、K は 1024倍 (デフォルト)。 同様に M, G, T, P, E, Z, T なども指定できます。

*** 警告 *** 環境変数によって指定されたロケールで並び替え順序が変わります。 本来のバイト単位の値を使用した伝統的な並び替え順にしたい場合、 LC_ALL=C を指定してください。

GNU coreutils のオンラインヘルプ: <http://www.gnu.org/software/coreutils/> sort の翻訳に関するバグは <http://translationproject.org/team/ja.html> に連絡してください。 完全な文書は <http://www.gnu.org/software/coreutils/sort> にあります。 ローカルでは info '(coreutils) sort invocation' で参照できます。  

SEE ALSO

shuf(1), uniq(1)  

作者

作者 Mike Haertel および Paul Eggert。  

著作権

Copyright © 2016 Free Software Foundation, Inc. ライセンス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.  

関連項目

sort の完全なマニュアルは Texinfo マニュアルとして整備されている。もし、 info および sort のプログラムが正しくインストールされているならば、コマンド
info sort

を使用すると完全なマニュアルを読むことができるはずだ。


 

Index

名前
書式
説明
SEE ALSO
作者
著作権
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:19 GMT, March 14, 2017