RM

Section: ユーザーコマンド (1)
Updated: 2016年2月
Index JM Home Page roff page
 

名前

rm - ファイルやディレクトリの削除を行う  

書式

rm [オプション]... [ファイル]...  

説明

このマニュアルページでは GNU バージョンの rm について説明しています。 rm は指定された各ファイルを削除します。 デフォルトでは、ディレクトリを削除しません。

オプション -I--interactive=once が指定され、 4 個以上のファイルを削除するか、-r--recursive が指定された場合、 rm は操作全体を実行してよいかをユーザに確認します。 返事が肯定的なものでなかった場合には、コマンド全体が中止されます。

それ以外の場合で、ファイルが書き込み不可で、標準入力が端末で、 オプション -f--force のどちらも指定されていない場合と、 オプション -i--interactive=always が指定されている場合は、 rm はそのファイルを削除してよいかをユーザに確認します。 返事が肯定的なものでなかった場合には、そのファイルはスキップされます。  

オプション

FILE を削除 (unlink) します。

-f, --force
存在しないファイルを無視する。確認も行わない
-i
削除の前に確認を行う
-I
3 個を超えるファイルを削除するか、ディレクトリを再帰的に 削除する場合は一度だけ確認をする。 多くの間違いを防ぎながらも -i よりは確認回数が少なくなる
--interactive[=WHEN]
WHEN に指定した時に確認を行う。WHEN は次の通り: never, once (-I) または always (-i)。WHEN を省略した 場合は always とみなす
--one-file-system
階層を再帰的に削除するときに、コマンドライン引数と 異なったファイルシステムにあるディレクトリをス キップする
--no-preserve-root
'/' を特別なものとして扱わない
--preserve-root
'/' を削除しない (デフォルト)
-r, -R, --recursive
ディレクトリとその中身を再帰的に削除する
-d, --dir
空のディレクトリを削除する
-v, --verbose
何を行っているかを表示する
--help
この使い方を表示して終了する
--version
バージョン情報を表示して終了する

デフォルトでは rm はディレクトリを削除しません。ディレクトリをその中身全てを 含めて削除するときには --recursive (-r または -R) オプションを使用してください。

'-' で始まる名前のファイルを削除するには、例えば '-foo' というファイルなら こういうコマンドを使いましょう:

rm -- -foo
rm ./-foo

ファイルの削除に rm を使った場合、十分な専門性と時間があれば、ファイル内容 の一部を復元できるかもしれないということには留意してください。もしファイル 内容を本当に復元不可能にする保証を得たければ、shred の利用を考えてください。

GNU coreutils のオンラインヘルプ: <http://www.gnu.org/software/coreutils/> rm の翻訳に関するバグは <http://translationproject.org/team/ja.html> に連絡してください。 完全な文書は <http://www.gnu.org/software/coreutils/rm> にあります。 ローカルでは info '(coreutils) rm invocation' で参照できます。  

作者

作者 Paul Rubin、 David MacKenzie、 Richard M. Stallman、 および Jim Meyering。  

著作権

Copyright © 2016 Free Software Foundation, Inc. ライセンス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.  

関連項目

unlink(1), unlink(2), chattr(1), shred(1)

rm の完全なマニュアルは Texinfo マニュアルとして整備されている。もし、 info および rm のプログラムが正しくインストールされているならば、コマンド

info rm

を使用すると完全なマニュアルを読むことができるはずだ。


 

Index

名前
書式
説明
オプション
作者
著作権
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:19 GMT, March 14, 2017