PTX

Section: ユーザーコマンド (1)
Updated: 2016年2月
Index JM Home Page roff page
 

名前

ptx - ファイルの内容の整列した索引を生成する  

書式

ptx [OPTION]... [INPUT]... (-G なし)
ptx -G [OPTION]... [INPUT [OUTPUT]]  

説明

入力ファイルに含まれる単語の索引を並べ替え、前後を含めて出力します。

ファイルの指定がなかったり、 - であった場合, 標準入力から読み込みます。

長いオプションで必須となっている引数は短いオプションでも必須です。

-A, --auto-reference
自動生成した参照文を出力する
-G, --traditional
System V の 'ptx' に近い動作を行う
-F, --flag-truncation=STRING
行の切り詰めの目印に STRING を使用する。 デフォルトは '/'
-M, --macro-name=STRING
'xx' の代わりに使うマクロ名を指定
-O, --format=roff
roff 命令で出力を生成
-R, --right-side-refs
参照文を右に. ただし -w の勘定には入らない
-S, --sentence-regexp=REGEXP
行末または文末を表現する正規表現を指定
-T, --format=tex
TeX 命令で出力を生成
-W, --word-regexp=REGEXP
キーワードに対して REGEXP で一致を調べる
-b, --break-file=FILE
この FILE 中から単語を分割する文字を取得
-f, --ignore-case
小文字を大文字に変えて並び替え
-g, --gap-size=NUMBER
出力のフィールド間の列中の隙間の大きさ
-i, --ignore-file=FILE
FILE から無視する単語一覧を読み込む
-o, --only-file=FILE
この FILE から単語一覧のみを読み込む
-r, --references
各行の第1フィールドを参照文と見なす
-t, --typeset-mode - 未実装 -
-w, --width=NUMBER
列の出力幅を指定. 参照文を除いて数える
--help
この使い方を表示して終了する
--version
バージョン情報を表示して終了する

GNU coreutils のオンラインヘルプ: <http://www.gnu.org/software/coreutils/> ptx の翻訳に関するバグは <http://translationproject.org/team/ja.html> に連絡してください。 完全な文書は <http://www.gnu.org/software/coreutils/ptx> にあります。 ローカルでは info '(coreutils) ptx invocation' で参照できます。  

作者

作者 François Pinard。  

著作権

Copyright © 2016 Free Software Foundation, Inc. ライセンス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.  

関連項目

ptx の完全なマニュアルは Texinfo マニュアルとして整備されている。もし、 info および ptx のプログラムが正しくインストールされているならば、コマンド
info ptx

を使用すると完全なマニュアルを読むことができるはずだ。


 

Index

名前
書式
説明
作者
著作権
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:19 GMT, March 14, 2017