MKTEMP

Section: ユーザーコマンド (1)
Updated: 2016年2月
Index JM Home Page roff page
 

名前

mktemp - 一時ファイルや一時ディレクトリを作成する  

書式

mktemp [OPTION]... [TEMPLATE]  

説明

一時ファイルまたは一時ディレクトリを安全に作成し、その名前を表示します。 TEMPLATE 文字列は最後に連続した 'X' を最低 3 個は含まなければいけません。 TEMPLATE が指定されない場合、tmp.XXXXXXXXXX が使用され、 --tmpdir が暗黙のうちに指定されます。 ファイルは u+rw から umask の設定を差し引いたものが作成されます。 ディレクトリは u+rwx から umask の設定を差し引いたものが作成されます。

-d, --directory
ファイルではなく、ディレクトリを作成する
-u, --dry-run
名前のみ表示し、何も作成しない (安全ではない)
-q, --quiet
ファイルまたはディレクトリ作成失敗のメッセージを抑止する
--suffix=SUFF
TEMPLATE に SUFF を追加する。 SUFF にスラッシュ (/) が含まれては いけない。 TEMPLATE の最後に X が含まれていない場合、 このオプションが暗黙に有効になる
-p DIR, --tmpdir[=DIR]
TEMPLATE を DIR に対する相対パスとして扱う。DIR が指定 されていない場合、 $TMPDIR が設定されていれば $TMPDIR が使用され、 設定されていなければ /tmp が使用される。 このオプションを使用する場合、 TEMPLATE は絶対パスであってはならない。 -t と異なり、 TEMPLATE にはスラッシュ (/) を含めることができるが、 mktemp は最後の要素のみ作成し、途中のディレクトリは作成しない。
-t
TEMPLATE を (ディレクトリ部分を含まない) ファイル名として解釈する。 $TMPDIR が設定されている場合には $TMPDIR、そうでない場合は -p オプションで指されているディレクトリが使用され、 どちらも指定されていない場合は /tmp (非推奨)、 からの相対パスと解釈される。
--help
この使い方を表示して終了する
--version
バージョン情報を表示して終了する

GNU coreutils のオンラインヘルプ: <http://www.gnu.org/software/coreutils/> mktemp の翻訳に関するバグは <http://translationproject.org/team/ja.html> に連絡してください。 完全な文書は <http://www.gnu.org/software/coreutils/mktemp> にあります。 ローカルでは info '(coreutils) mktemp invocation' で参照できます。  

作者

作者 Jim Meyering および Eric Blake。  

著作権

Copyright © 2016 Free Software Foundation, Inc. ライセンス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.  

関連項目

mkstemp(3), mkdtemp(3), mktemp(3)

mktemp の完全なマニュアルは Texinfo マニュアルとして整備されている。もし、 info および mktemp のプログラムが正しくインストールされているならば、コマンド

info mktemp

を使用すると完全なマニュアルを読むことができるはずだ。


 

Index

名前
書式
説明
作者
著作権
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:19 GMT, March 14, 2017