EXPR

Section: ユーザーコマンド (1)
Updated: 2016年2月
Index JM Home Page roff page
 

名前

expr - 式を評価する  

書式

expr EXPRESSION
expr OPTION  

説明

--help
この使い方を表示して終了する
--version
バージョン情報を表示して終了する

EXPRESSION の値を標準出力に出力します。下記は優先順位グループ毎に空白行 で区切って昇順に並べています。 EXPRESSION は以下の通りです。

ARG1 | ARG2
ARG1 が null でも 0 でもない場合は ARG1。そうでなければ ARG2
ARG1 & ARG2
両方の引数が null でも 0 でもない場合は ARG1。そうでなければ 0
ARG1 < ARG2
ARG1 が ARG2 より小さい
ARG1 <= ARG2
ARG1 が ARG2 より小さいか等しい
ARG1 = ARG2
ARG1 が ARG2 と等しい
ARG1 != ARG2
ARG1 が ARG2 と等しくない
ARG1 >= ARG2
ARG1 が ARG2 より大きいか等しい
ARG1 > ARG2
ARG1 が ARG2 より大きい
ARG1 + ARG2
ARG1 と ARG2 の足し算
ARG1 - ARG2
ARG1 と ARG2 の引き算
ARG1 * ARG2
ARG1 と ARG2 の掛け算
ARG1 / ARG2
ARG1 の ARG2 による割り算
ARG1 % ARG2
ARG1 の ARG2 による割り算のあまり
STRING : REGEXP
STRING における正規表現 REGEXP によるパターン照合
match STRING REGEXP
STRING : REGEXP と同じ
substr STRING POS LENGTH
STRING の部分文字列を返す。 POS は 1 から始まる
index STRING CHARS
STRING から CHARS が見つかった場所を返す。
見つからなければ 0
length STRING
STRING の長さ
+ TOKEN
TOKEN が 'match' のようなキーワードや '/' の
ような演算子であっても、文字列として解釈する
( 式 )
式の値

多くの演算子はシェルに渡すためにエスケープするか引用符で囲む必要があります。 比較は ARG がいずれも数値であれば大きさにより、それ以外の場合には辞書順に より行われます。パターン照合は、 \( と \) の間、 もしくはヌル文字に一致した 文字列を返します。 \( と \) を使わない場合は一致する文字数か 0 を返します。

終了ステータスは EXPRESSION が null, 0 以外の場合は 0、 EXPRESSION が null, 0 の場合は 1、 EXPRESSION が構文エラーの場合は 2、 その他のエラーが発生した場合は 3 です。

GNU coreutils のオンラインヘルプ: <http://www.gnu.org/software/coreutils/> expr の翻訳に関するバグは <http://translationproject.org/team/ja.html> に連絡してください。 完全な文書は <http://www.gnu.org/software/coreutils/expr> にあります。 ローカルでは info '(coreutils) expr invocation' で参照できます。  

作者

作者 Mike Parker、 James Youngman、および Paul Eggert。  

著作権

Copyright © 2016 Free Software Foundation, Inc. ライセンス GPLv3+: GNU GPL version 3 or later <http://gnu.org/licenses/gpl.html>.
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.  

関連項目

expr の完全なマニュアルは Texinfo マニュアルとして整備されている。もし、 info および expr のプログラムが正しくインストールされているならば、コマンド
info expr

を使用すると完全なマニュアルを読むことができるはずだ。


 

Index

名前
書式
説明
作者
著作権
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:19 GMT, March 14, 2017