objcopy

Section: GNU Development Tools (1)
Updated: October 1994
Index JM Home Page roff page

 

名前

objcopy - オブジェクトファイルのコピーや変換を行う

 

書式

objcopy
[-F bfdname | --target=bfdname] [-I bfdname | --input-target=bfdname] [-O bfdname | --output-target=bfdname] [-R sectionname | --remove-section=sectionname] [-S | --strip-all] [-g | --strip-debug] [--strip-unneeded] [-K symbolname | --keep-symbol=symbolname] [-N symbolname | --strip-symbol=symbolname] [-L symbolname | --localize-symbol=symbolname] [-W symbolname | --weaken-symbol=symbolname] [-x | --discard-all] [-X | --discard-locals] [-b byte | --byte=byte] [-i interleave | --interleave=interleave] [-p | --preserve-dates] [--debugging] [--gap-fill=val] [--pad-to=address] [--set-start=val] [--adjust-start=incr] [--adjust-vma=incr] [--adjust-section-vma=section{=,+,-}val] [--adjust-warnings] [--no-adjust-warnings] [--set-section-flags=section=flags] [--add-section=sectionname=filename] [--change-leading-char] [--remove-leading-char] [--weaken] [-v | --verbose] [-V | --version] [--help] infile [outfile]
 

説明

GNU objcopy ユーティリティはオブジェクトファイルの内容を別ファイルにコピーする。 objcopy はオブジェクトファイルの読み書きに GNU BFD ライブラリを用いる。これに よって書き込み先のファイルのオブジェクトフォーマットを読み込みファイル のフォーマットから変更することができる。 objcopy の詳細な動作はコマンドラインオプションによって決定される。

objcopy は変換を行う際に一時ファイルを作成し、動作後にこれを消去する。 objcopy 変換作業はすべて BFD によって行われる。したがって BFD が種々のフォー マットに関して持っているすべての情報を利用することができ、明示しないで もほとんどのフォーマットを認識できる。

objcopy はターゲットを srec に指定する (つまり -O srec とする) ことによって S-record を生成することもできる。

objcopy は出力ターゲットを binary に指定する (つまり -O binary とする) ことによって raw バイナリファイルを生成することもできる。この 際には、基本的には入力オブジェクトファイルの内容のメモリダンプが作られ る。メモリダンプは出力ファイルにコピーされる最抵位のセクションの仮想ア ドレスからスタートする。

S-record や raw バイナリファイルを生成する場合に -S を用いれば、デバッグ情報を持つセクションを削除できる。また、バイナリファ イルに不要な情報を持ったセクションを消去するのに -R が役に立つ場合もある。

infileoutfile はそれぞれ入力・出力ファイルである。 outfile が指定されないと objcopy は一時ファイルを作成し、その結果を入力ファイルの名前にリネームする (す なわちもとの入力ファイルは破壊される)。

-I bfdname, --input-target=bfdname
入力ファイルのオブジェクトフォーマットを bfdname として取り扱う。通常は自動的に認識する。
-O bfdname, --output-target=bfdname
出力ファイルのオブジェクトフォーマットを bfdname にする。
-F bfdname, --target=bfdname
入出力ファイルのオブジェクトフォーマットに bfdname を用いる。すなわち入力ファイルを変換せずに単に出力ファイルにコピーする。
-R sectionname, --remove-section=sectionname
指定したセクションをファイルから削除する。このオプションは複数回指定す ることができる。このオプションを誤って用いると、出力ファイルが役立たず になる可能性がある。
-S, --strip-all
リロケーション情報とシンボル情報を入力ファイルからコピーしない。
-g, --strip-debug
デバッグシンボルを入力ファイルからコピーしない。
--strip-unneeded
リロケーション処理に不要なシンボルをすべて取り去る。
-K symbolname, --keep-symbol=symbolname
入力ファイルから symbolname という名前のシンボルだけをコピーする。 複数回指定できる。
-N symbolname, --strip-symbol=symbolname
入力ファイルの symbolname という名前のシンボルをコピーしない。 複数回指定できる。
-L symbolname, --localize-symbol=symbolname
symbolname をそのファイルにローカルなものにし、外部から見えないようにする。 複数回指定できる。
-W symbolname, --weaken-symbol=symbolname
symbolname を weak にする。 複数回指定できる。
-x, --discard-all
入力ファイルのグローバルでないシンボルはコピーしない。
-X, --discard-locals
コンパイラが生成したローカルなシンボル (通常 "L" または "." ではじまるシンボル) はコピーしない。
-b byte, --byte=byte
入力ファイルを interleave づつ区切った各セクションから byte バイ ト目だけをコピーする (ヘッダデータは影響されない)。 byte の範囲は 0 から interleave-1 までである。 interleave の値は -i(または--interleave) オプションで指定する。 このオプションは ROM プログラム用のファイルを作成するときに便利である。出 力ターゲット srec と共に用いられることが多い。
-i interleave, --interleave=interleave
interleave バイトにつき 1 バイトづつをコピーする。デフォルトは 4 である。何番目のバイトをコピーするかは -b(または--byte ) オプションで指定する。 -b--bytes も指定されなかっ た場合は interleave は無視される。
-p, --preserve-dates
出力ファイルのアクセス時刻と修正時刻を入力ファイルと同じにする。
--debugging
可能ならばデバッグ情報を変換する。このオプションはデフォルトにはなって いない。すべてのデバッグフォーマットがサポートされているわけではないし、 この変換には時間がかかるからである。
--gap-fill=val
セクション間のギャップを val で埋める。この動作は セクションの load address (LMA) に適用される。これはセクションのサイズを抵位アドレスの分増やし、 その余分を val で埋めることでなされる。
--pad-to=address
出力ファイルをロードアドレス address まで水増しする。 これは最後のセクションのサイズを増やすことでなされる。 余分なスペースは --gap-fill で指定された値で埋められる (デフォルトは 0)。
--set-start=val
新しいファイルのスタートアドレスを val に設定する。すべてのオブ ジェクトファイルフォーマットでこの指定が可能ではないことに注意すること。
--adjust-start=incr
スタートアドレスを incr だけ増やす。すべてのオブジェクトファイル フォーマットでこの指定が可能ではないことに注意すること。
--adjust-vma=incr
すべてのセクション (スタートアドレスも含まれる) のアドレスを incr だけ増やす。すべてのオブジェクトファイルフォーマットで任意 のアドレス設定が指定が可能なわけではないことに注意すること。またこのオ プションではそれぞれのセクションがロードされるアドレスを変えてしまうの で、プログラムが動かなくなる可能性がある
--adjust-section-vma=section{=,+,-}val
名前が section のセクションのアドレスを設定する。 = が用い られた場合はセクションのアドレスは val にされる。それ以外の場合 はセクションのアドレスから val が増減される。上記の --adjust-vma に関するコメントを参照のこと。 section が 入力ファイルに存在しない場合は警告グメッセージが表示される (ただし --no-adjust-warning が指定されていたら表示しない)。
--adjust-warnings
--adjust-section-vma が指定されているとき、 対象となるセクションが存在しなければ警告メッセージを表示する。 デフォルトの動作である。
--no-adjust-warnings
--adjust-section-vma が指定されているとき、かつ対象となるセ クションが存在していなくても警告メッセージを表示しない。
--set-section-flags=section=flags
指定したセクションのフラグを設定する。引数 flags はコンマ (,) で 区切られたフラグ文字列である。認識される文字列は allocloadreadonlycodedatarom であ る。すべてのフラグがあらゆるフォーマットで有効なわけではないことに注意 すること。
--add-section=sectionname=filename
ファイルをコピーするときに sectionname という名前のセクションを 追加する。この新しいセクションの内容はファイル filename から取ら れる。このオプションが機能するのは、任意のセクション名をサポートしてい るフォーマットだけである。
--change-leading-char
オブジェクトファイルのフォーマットによっては、シンボル名の先頭に特定の 文字を使っている場合がある。よくある例はアンダースコア (_) で、これは コンパイラがすべてのシンボル名に前置する。このオプションを指定すると objcopy はフォーマット変換の際にすべてのシンボルにおける先頭文字を変更しようと する。同じ先頭文字を持つオブジェクト間では、このオプションは意味を持た ない。異なる場合は、場合に応じて先頭文字が追加されたり削除、変更された りする。
--remove-leading-char
グローバルシンボルの先頭文字がオブジェクトファイルに特有のものであった 場合、これを削除する。通常はアンダースコア (_) がこれにあたる。このオ プションはすべてのグローバルシンボルから先頭にあるアンダースコアを削除 する。これは (シンボル名の命名流儀が異なる) 複数のフォーマットに属する オブジェクト群を同時にリンクする場合に有用である。このオプションは --change-leading-char とは異なる。後者では出力のフォーマット にかかわらず、該当したケースではすべて変更が行われる。
--weaken
ファイルのすべての global なシンボルを weak に変更する。
-v, --verbose
詳細出力モード。修正されたすべてのオブジェクトファイルをリストする。書 庫の場合は"objcopy -V" とすると書庫のすべてのメンバーを表示する。
-V, --version
objcopy のバージョン番号を表示して終了する。
--help
objcopy のオプションの要約を表示して終了する。

 

関連項目

info の ` binutils ' エントリ、 The GNU Binary Utilities, Roland H. Pesch (June 1993)、

 

著作権

Copyright (c) 1993, 94, 95, 96, 1997 Free Software Foundation, Inc.

Permission is granted to make and distribute verbatim copies of this manual provided the copyright notice and this permission notice are preserved on all copies.

Permission is granted to copy and distribute modified versions of this manual under the conditions for verbatim copying, provided that the entire resulting derived work is distributed under the terms of a permission notice identical to this one.

Permission is granted to copy and distribute translations of this manual into another language, under the above conditions for modified versions, except that this permission notice may be included in translations approved by the Free Software Foundation instead of in the original English.


 

Index

名前
書式
説明
関連項目
著作権

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 15:33:18 GMT, March 14, 2017