AUTOSCAN

Section: ユーザーコマンド (1)
Updated: 2021年1月
Index JM Home Page roff page
 

名前

autoscan - 初期の configure.ac を生成  

書式

autoscan [,OPTION/]... [,SRCDIR/]  

説明

SRCDIR をルートとしてディレクトリツリー内のソースファイルを調べます。また未指定の場合はカレントディレクトリを調べます。ソースファイルに対して共通的な移植性に関する問題を調べて、'configure.ac' に不備がないかをチェックします。そして 'configure.scan' ファイルを生成します。このファイルはそのパッケージに対する初期の 'configure.ac' です。
-h, --help
このヘルプを表示して終了します。
-V, --version
バージョン番号を表示して終了します。
-v, --verbose
詳細な報告を出力します。
-d, --debug
一時ファイルを削除しません。
 

ライブラリディレクトリ:

-B, --prepend-include=,DIR/
検索パスを DIR とします。
-I, --include=,DIR/
検索パスに DIR を追加します。
 

著者

David J. MacKenzie, Akim Demaille  

バグ報告

バグ報告は <bug-autoconf@gnu.org> までご連絡ください。
GNU Autoconf ホームページ: <https://www.gnu.org/software/autoconf/>
GNU ソフトウェアの全般的なヘルプ: <https://www.gnu.org/gethelp/>  

著作権

Copyright © 2021 Free Software Foundation, Inc. License GPLv3+/Autoconf: GNU GPL version 3 or later <https://gnu.org/licenses/gpl.html>, <https://gnu.org/licenses/exceptions.html>
This is free software: you are free to change and redistribute it. There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law.  

関連項目

autoconf(1), automake(1), autoreconf(1), autoupdate(1), autoheader(1), autoscan(1), config.guess(1), config.sub(1), ifnames(1), libtool(1).

autoscan の完全なドキュメントは Texinfo マニュアルとしてメンテナンスされています。infoautoscan の両プログラムが適切にインストールされていれば、以下のコマンド

info autoscan

を実行して完全なマニュアルを参照できます。


 

Index

名前
書式
説明
ライブラリディレクトリ:
著者
バグ報告
著作権
関連項目

This document was created by man2html, using the manual pages.
Time: 07:08:42 GMT, June 24, 2022