GNU coreutils 管理ガイド

準備

準備 を参照してください。

原文の更新

(1) Makefile のバージョン更新

  • Makefile の V = <version> を更新するバージョンに変更する
  • make clean-setup
  • make source

(2) ファイルのコピー

rm -f original/man1/* help2man.orig/*
cp -p source/man/*.1 original/man1/
cp -p source/man/*.x help2man.orig/

(3) translation_list の更新

git で add/remove を行う。

git status | ../../admin/git2upd > upd.txt

(edit upd.txt)

../../admin/upd_tl.perl translation_list upd.txt VERSION

(4) help2man.ja の更新

help2man.orig 側でのファイルの add/update/remove を反映する。

original/man1/*.1 が更新されるのは、以下の二つのケースがある。

  • *.x が更新された場合
  • help message が更新された場合
    • SOURCE/po/ja.po を修正して Translation Project へ。

独自管理パッチ

GNU coreutils のマニュアルでは、 coreutils のソースを利用してコンパイルして、 ja.po を組み込んで man pages を生成しているため、 場合によっては独自修正を管理する場合がある。

2 つのパッチが Makefile でサポートされています。

  • patch-$(VERSION).diff : coreutils に対するパッチ
  • ja.po/ja.po.$(VERSION) : 変更後の ja.po ファイル。
    • パッチではない点に注意。
    • 翻訳内容をローカル修正した場合にはこのファイルに反映を行う。
    • このファイルが存在する場合は、展開されたソース内の source/po/ja.po から このファイルへの symlink が作成される。