GNU coreutils 翻訳ガイド

準備

GNU coreutils のマニュアルのレポジトリは git の submodule になっている。 作業時は以下のように submodule を展開する。

git://scm.osdn.jp/gitroot/linuxjm/jm.git
cd jm
git submodule update --init --recursive

help2manhelp2man のメッセージカタログをインストールしておく必要がある。 Debian/Ubuntu の場合は help2manlanguage-pack-ja をインストールする。

GNU_coreutils のコンパイルも行うので、 基本的な開発ツールもインストールしておく。

apt-get install build-essential

翻訳の手順

GNU coreutils のマニュアルは help2man を使って生成しています。 翻訳は以下の 2 つの組み合わせで生成されています。

  • GNU coreutils のコマンドの --help の出力
  • help2man.ja/*.x 以下のファイル

翻訳を始める前に

make all を実行すると GNU coreutils のソースが source 以下に展開され、 man page の自動生成の環境が整います。

$ cd <JM repo top>
$ cd manual/GNU_coreutils
$ make all

補足事項

  • 最初は coreutils-*.tar.xz を取得して、プログラムの生成も行うので、時間がかかります。
  • make cleanhelp2man.ja/*.1 を削除できます。
  • トップディレクトリで make install を実行すると、 help2man.ja/*.1draft/man1 にコピーされる。

coreutils の ja.po

コマンドの --help 出力は GNU coreutils の配布物の po/ja.po を元に 作成されており、この ja.poTranslation Project で 管理されています。

変更が必要な場合は上記で展開された source/po/ja.po を編集します。 変更後に上記の make all を実行すると、 help2man.ja/ 以下に *.1 が生成されます。

変更を行ったものは基本的に Translation Project に反映するのが筋だと思います。

help2man.ja/*.x

help2man.ja/\*.x は help2man が生成する man page に組み込まれます。

help2man.ja の翻訳では、 原文は roff の場合と同じく .\"O で始めるものとします。

変更の翻訳への反映方法は ja.po の場合と同じく make html を実行します。

翻訳校正 (暫定ルール)

  • *.x を投稿する。 original の翻訳者が manpage も投稿してもよい。
  • JM git repo に登録時に manpage を committer が生成する。 mandiff.py などで HTML を生成して、original と翻訳の比較ができるようにする。 Makefile のルールを追加しておきたい。