名前

lzmainfo - .lzma ファイルヘッダーに保存された情報を表示します

書式

lzmainfo [--help] [--version] [file...]

説明

lzmainfo.lzma ファイルのヘッダーに保存された情報を表示します。指定された file から先頭の 13 バイトを読み込んでヘッダーを復号化し、読みやすい形式でその情報を標準出力します。files が指定されない、あるいは file- である場合は標準入力から読み込まれます。

普通もっとも重要になる情報といえば、圧縮サイズと辞書サイズです。圧縮サイズは、そのファイルがストリーム方式ではない .lzma フォーマットの形式であるときにだけ表示されます。またファイルを伸長する際に必要となるメモリ総量は、数 10 キロバイト+辞書サイズです。

lzmainfo が XZ Utils に含まれているのは、主に LZMA Utils との後方互換性のために提供されています。

終了ステータス

0

正常終了。

1

エラー発生。

バグ

lzmainfoMB を利用していますが、本来用いるべきサフィックスは MiB (2^20 バイト) です。これは LZMA Utils との互換性を考慮して、そのような出力のままとしています。

関連項目

xz(1)