名前

vipw, vigr - パスワードファイル、グループファイルを編集する

書式

vipw [options]

vigr [options]

説明

vipw はパスワードファイルを編集するものであり、 事前に適切なファイルロックを行う。 またパスワードファイルのロックを解除する際に、 必要となる処理を行う。 パスワードファイルが、 他ユーザーの編集によってロックされている場合、 vipw は、 後で実行するように指示する。 vipwvigr におけるデフォルトエディターは vi(1) である。 vipw が passwd ファイルを編集することと同じように、 vigr はグループファイルを編集する。

オプション

-h, --help

ヘルプテキストを表示して終了する。

-V, --version

バージョンを表示して、 終了する。

環境変数

以下の環境変数が存在している場合、 vipwvigr が利用する。

EDITOR

起動するエディターを、 デフォルトエディターである vi(1) ではなく、 EDITOR の文字列により指定されるものとする。

履歴

vipw コマンドは 4.0BSD から登場した。 vigr コマンドは Util-Linux 2.6 から提供されている。

関連項目

vi(1), passwd(1), flock(2), passwd(5)

入手方法

vigr コマンドは util-linux パッケージの一部であり、 以下からダウンロードできる。 Linux Kernel Archive <https://www.kernel.org/pub/linux/utils/util-linux/>